★ 仕事の未来を変える ★

【40代】転職が決まらない人のためのセルフ改善チェックポイント

⑨40代・50代・中高年の転職
この記事は約13分で読めます。

【40代】転職が決まらない人のためのセルフ改善チェックポイント

皆さん、こんにちは。

さて、本日は主に40代の方々向けの記事です。

タイトルの通り「応募はするものの、なかなか決まらない」という方がいらっしゃいます。

もしかしたら、この記事を読まれているあなたもそうかもしれません。

で、転職先が決まらないのには、当然、理由があります

それは、大きな理由ではなく、小さなこと、ちょっとした違いだったりします。

ただ、そのちょっとした違いがたくさん集まると、大きな違いになります。

で、それが最終的に「合格・不合格」を分けます。

情報を持っているか、持っていないか、それが「人生の分かれ道」です。

本日は、転職活動の基本動作である「探し方・動き方」について

本番を想定しながら、お伝えしていきたいと思います。

まずは本日のまとめです。

●この記事の対象となる方

・40代以上で、スキルや経験をお持ちの方
・自分のキャリアを活かした仕事を探したい方
・色んな会社に応募しても、なかなか受からない方
・現状の閉塞感を打破したい方

●この記事を読んで分かること(あなたにとってのメリット)

・転職活動の基本パターンを理解する
・ライバル候補者との差別化、自分の強みの打ち出し方を理解する
・求人企業の意図を理解して、ピンポイントで応募する

●最終的な結果(あなたのゴール)

・自分の個性を活かした仕事が見つかる
・新しい職場で、同じ価値観を持つ仲間だと理解されやすくなる
・結果的にミスマッチ防止となる

セルフ改善点①求人情報の集め方を変える

まずは、求人情報の集め方について・・・です。

2020年代の現在、「私はハローワークの求人しか見ません」

という方は、少ないと思います。

というか、恐らくゼロだと思います。(笑)

あなたのスキルとキャリアにもよりますが、
求人探しの基本は、転職サイトと転職エージェントの利用だと思います。

で、あくまで個人的意見ですが、
今後、あなたが転職活動をされるにあたっては、
ハローワークの求人は避けたほうが良いかもしれません。

ハローワーク求人をお薦めしない理由

理由を説明します。

一般的に、年齢とともに、求められるスキルは上がります。

若手20代であれば、ほとんどの職種で「未経験歓迎」ですが、
40代になると、即戦力としての戦闘能力を問われます。

そうなると、求人情報を入手した時点で、
「自分に何が求められているのか」を詳しく知る必要があります。

ところが、その場面において、ハローワークの求人票は、情報不足です。

「やや情報不足」ではなく、「圧倒的に情報不足」です。(笑)

なので、入社後のミスマッチを防止するという意味も含めて、

複数の転職サイトや転職エージェントを利用された方が良いと思います。

<ハローワーク求人のリスク>

*人材募集にお金をかけられない会社が多い

*無料なので「とりあえず求人を出している」会社が多い

*求人情報の鮮度が不明確で、ずっと募集中の会社もある

*人材ではなく、単に「人手」が不足している会社の求人が多い

*求人票が大雑把で、仕事内容が不明確なケースも多い

*求人情報が正しいかどうか、第三者によるチェック機能がない

*給与待遇や各種手当、残業代など、詳細の記載がない会社もある

先ほどもお伝えした通り、40代はスキルとキャリアの合体技が必要です。

「何でも良いから仕事したい」と言う方なら、ハローワークで良いと思います。

しかし、それ以外の方は、転職サイト、転職エージェントを利用された方が良いと思います。

自分に合う求人が無い?

40代になったあなたは、自分が応募できる求人が
少なくなっていることに気づかれていることでしょう。

年齢とともに、あなたに求められる要求は高くなり、
その分、給与も高く、責任も重くなります。

従って、若い頃のように、気軽に求人エントリーはできません。
限られた求人情報にしか、応募ができません。

つまり、その中からしか、あなたの未来は選択できません。

なので、「1つ1つの求人が貴重ですよ」と私は言いたいのです。(笑)

それと、もう一つ、イヤな話をしておきます。

あなたが良いと思った求人には、必ず同年代のライバルがいます。

あなたが、そのライバルに勝つには、差別化が必要です。

 

セルフ改善点②募集要件をよく確認する

40代の転職が決まらない理由として、以下のものが考えられます。

*知識、経験、スキルの不足

例えば、実際の求人票では、次のような要件が書かれているはずです。

①総務職:第一種・衛生管理者の資格をお持ちの方

②経理職:上場企業において決算の経験がある方

③人事職:労働組合との折衝経験がある方

④人事職:人事制度の新規策定・導入・運用まで全て経験された方

というような、ピンポイントな応募要件があった場合、

それを満たしていない時点でアウトです。

上記の①-④の応募要件を一つ一つ、見ていきましょう。

①総務職:「第一種衛生管理者の資格をお持ちの方」

この①の総務求人に「第一種衛生管理者」と記載されている時点で、

その資格を持っている方を対象としていることが分かります。

あなたが応募される場合、職務経歴書の自己PR欄に

「私は総務経験が15年あります」だけだと、ちょっと弱い感じです。

もう一つ、何かアピールしないと、選考には受からないと思います。

資格ではなく、実務経験年数でもない、別の何かが無いとライバルに負けます

②経理職:「上場企業において決算の経験がある方」

②の場合、上場企業での経理の実務経験を問われています。

中小企業であれば、経理職の守備範囲が広いため、
広く浅くのスキルが必須です。

しかし、上場企業(大企業)の場合は、売上規模が大きい為、
経理部門には多くの人を配置され、分業制のチーム体制です。

通常、経理職であれば、簿記二級の資格取得者がほとんどです。

この経理職のケースで求められているのは「上場会社での経理経験」です。

ここまでくると、中小企業の経理一筋20年のベテランでは、やや難しくなります。

なぜなら、会社の規模が違うので、求められるスキルが違います。

*5億の会社の経理と、
50億の会社の経理では、全く違います。

*500億の会社の経理と、
5000億の会社の経理も、全く違います。

売上のスケールが違うので、経理実務においては、広さと深さの両方が求められます。

経理なので、簿記会計の知識だけあれば充分かと言うと、そうではありません。

先ほどもお伝えしたように、会社の規模が大きくなればなるほど、
分業チーム体制になります。

そうなると、面接官の目線は、ちょっと変わります。

簿記会計の知識と経験は、あくまでも最低条件です。

採用の場面では、それにプラスして、

チームプレイが得意な方

情報共有が得意な方

コミュニケーション能力を重視されます。

結果的には、ヒューマンスキル重視で選考されるケースが多くなります。

③人事職:「労働組合との折衝経験がある方」

ここでは、労働組合との折衝がメインとなることが分かります。

まさに、経験がモノを言う仕事です。

なので、組合交渉が未経験の方は、ほぼ不採用となります。

④人事職:「人事制度の策定・導入・運用まで経験された方」

人事評価制度の新規導入は、求職者にとってのアピールポイントです。

理由は、なかなか、経験者がいないからです。

評価制度導入の時期に人事部に在籍していた人にだけ、チャンスがあります

そもそも、人事評価制度は、毎年毎年、変更したりはしません。

数か月以上かけて検討し、数年かけて実施、定着化させるものです。

経営陣も巻き込んだ、会社の一大プロジェクトとなります。

で、通常の場合は、社員が一人で、評価制度を作ることはありません。(笑)

外部のコンサルティング会社と組んで、

社内サーベイ(社員の意見聴取)を終えて、検討に入ります。

人事評価制度を作り直すことで、役職制度、給与制度も変わる場合があります。

これらをすべて連動させた「人事制度の新規導入プロジェクト」
携わっていた方は、なかなかいらっしゃいません。

導入後の運用段階であれば、経験者はたくさんいます。

なので、新規導入の経験者なら、絶対にアピールすべきだと思います。

この章のまとめ

同じ職種であっても、求人ごとに募集要件が変わります。

その内容をきちんと理解して、応募して下さい。

セルフ改善点③企業研究を丁寧に行う

次は基本的な準備です。

あなたが応募しようとする会社は、

*大企業なのか、ベンチャー企業なのか?

*急成長中の企業なのか、安定した大企業なのか?

*攻めている会社か、守り重視の会社か?

*国内だけの取引なのか、海外進出を計画しているか?

会社とは、その成長ステージによって、必要な内部人材が変わります。

ここであなたが考えるべきことは

「自分は会社に対してどんな貢献ができるか?」という点です。

単に「実務経験があります」だけでは、アピールになっていません。

だから、受かりません。

そうではなく「未来をどう変えられるか?」を語る必要があります。

40代なら「私は御社の課題をこう解決します」と言えなければ、アウトです。

「想像力」を「創造力」へ

それには、企業研究が必要となります。

会社のHPや企業理念、トップのメッセージ。

10年後の業績予想など、全体を把握すること。

それを自分なりにイメージして、どんな貢献ができるかを深く考えること。

「想像力」を「創造力」に変えてください。

その未来イメージを「志望動機」に書いてください。

回りくどくなくストレートに書けば、必ず、相手に伝わります

セルフ改善点④求める人物をイメージする

求める人物像としては、例えば、下記のようなものがあります。

求める人物像の例

企業の採用担当者が、どんな人材を欲しがっているのか?

それが言葉で明確になっているケースがほとんどです。

<会社が雇いたい社員像>

①明るく健康で、ストレスに強い方

②過去の成功体験にとらわれず、新しい発想で価値を創造できる方

③知識や理論より、泥臭い行動とスピードを重視する方

④コミュニケーション能力が高く、周囲と協力して成果を上げられる方

⑤現在のことだけでなく、未来を考えている方

ちなみに、この社員像①-⑤は、業界を問わず、どの会社にも当てはまる項目です。

あなたがもし、この①-⑤の全てを満たしていれば、ほとんどの会社で雇って貰えます。(笑)

それくらい、会社が社員に求めるものは、実は似ています。

ほぼ、この5項目に集約されている感じです。(笑)

セルフ改善点⑤応募書類の完成度を上げる

*書式フォーマットが個性的すぎる

*履歴書・職務経歴書の内容がイマイチ

*自己PRと志望動機がイマイチ

*レイアウトが見にくい

これも、結構な確率で出くわします。

なので、職務経歴書は真面目に書いてください。

書式フォーマットが個性的すぎる

これは、合格率には直接、関係ありません。

書式フォーマットにこだわったからと言って、受かりません。

基本は、シンプルで見やすくて、情報の精度が高い書類が理想的です。

自分の強みが明確になっていない

これもよくあるパターンです。

職務経歴書には、それなりに仕事の経験が記入がされている。

しかし、通り一遍で「強み」や「売り」が無い

無個性で、のっぺらぼうの書類です。

特に、強みが明確になっていない書類は、たくさん見受けられます。

「満遍なく、一通りこなせます」という無難なスキルの方々です。

こういう人は、不採用になる可能性が高くなります。

何度もお伝えしている通り、40代の中途採用は「キャリア重視」です。

実務経験が豊富で、即戦力でないと採用されません。

にもかかわらず「満遍なくこなして来ました」だと即NGです。

防御

自己PRと志望動機で個性を打ち出す

40代以上であることは、実務経験が豊富ということです。

それは確かに魅力的であり、あなたの売りになります。

しかし、別な見方をすると、自分流の仕事のやり方、こだわりがあるはずです。

そこが強すぎると、やや危険です。

それは雇う側の企業からすると、リスクに見えるからです。

<40代以上の特徴は?>

*頑固で、使いにくい可能性がある。

*会社や上司の指示通りに動かない可能性がある。

入社後、使いにくい社員になって、組織を壊される危険性があります。

素直で、色のついていないな若者を企業が雇いたい理由は、まさにココです。

ベテランを雇う際に、神経質になる会社が多いのです。

で、その危険を回避するものが「自己PRと志望動機」になります。

このブログでも再三、申し上げているように、

自己PRと志望動機には、あなたの人間性を打ち出す必要があります。

あなたの行動パターン、思考パターン、思想や価値観まで盛り込む必要があります。

自己PRは過去、志望動機は未来へ向かう

自己PRには、これまでの仕事を通じて、

あなたが経験されてきたものの「本質」が散りばめられているはずです。

また、志望動機とは、未来へ向かう方向性です。

そこには、あなたにとっての将来像、会社へ貢献できる部分、

今後、ご自身がどこを目指そうとしているのかが書かれています。

自己PRは過去に起こったことであり、志望動機は未来に起こることです

その二つが簡潔に記載されていることで、

あなたの人間性がクッキリと浮かび上がります。

世間では、それをヒューマンスキルと呼びます。(笑)

同じ価値観を共有できる仲間

話を戻しますと・・・

自己PRと志望動機がしっかり書かれていることで、

企業側は「安心」します。

あなたのことを「自分たちの仲間」だと理解します。

「同じ価値観を共有できる仲間」だと認識します。

仲間だと認識されれば、間違いなく、あなたが採用されます

応募書類のレイアウトにもスキルが出る

これは「見栄え」の問題です。

記載されている中身の話ではなく、外観、レイアウトの話です。

具体的には、履歴書、職務経歴書で使用されている文字フォントの大きさ、

適切なところで、改行がなされているか?

見やすくするために、括弧や数字を使って、シンプルに記載されているか?

など、書類のレイアウトにも、その人のスキルが出ます。

セルフ改善チェックポイント:まとめ

というわけで、本日は転職先が決まらない人の特徴と改善点を挙げてきました。

ちなみに余談ですが

「なかなか転職先が決まらない」という方はよくいらっしゃいます。

で、話を聴いてみると、下記のようなコメントをされます。

「応募しているのに、なかなか選考を通過しない」

「エージェントのサポートが弱いから、受からない」

で、詳しく話を聴いてみると、単に応募社数だけ増やして、

その結果「受かった・落ちた」と一喜一憂されるケースが多いと思います。

落ちる人ほど、仕事が雑で、丁寧さに欠ける

で、転職先が決まらない人=落ちる人には共通点があります。

それは「同じ失敗を繰り返すだけで、学ばない人」です。

例えば、10社へエントリーして、10社ともNGだったら、

その原因が何かを突き止めるのが、普通の人です。

しかし、落ちる人ほど、仕事が雑で、丁寧さに欠けます。

「10社でダメなら、さらに10社応募しよう」という考え方の人です。

何も考えず、応募社数を増やしても、負け試合が増えるだけです。(笑)

本来ならば「なぜ、選考NGなのか?」

という「原因の追究」へ向かう場面なのに、考えない。

まさに目先の結果だけしか見ようとせず、付け焼き刃の対応しかない。

これだと、転職活動が長引くのも、やむを得ない感じです。

さて、以下が、あなた自身が見直しすべきチェックポイントです。

転職が決まらない人のセルフ改善点・5項目まとめ

<転職が決まらない人のセルフ改善点・5項目まとめ>

①求人情報の集め方を変える

②募集要件をよく確認する

③企業研究を丁寧に行う

④求める人物をイメージする

⑤応募書類の完成度を上げる

この記事を読まれたあなたが、少しでも参考にされて、

一日も早く、次の転職先が決まれば、私は嬉しいです。(笑)

ぜひ、早めに行動に移してください。

スピードが命です!(キッパリ)

本日も最後まで読んで頂き、有難うございました!

あなたの人生に幸運を!

 

 

タイトルとURLをコピーしました