★ 仕事の未来を変える ★

【20代】外資系・グローバル企業へ挑戦・おすすめ転職エージェント

④ 転職エージェント・転職サイトを選ぶ
この記事は約12分で読めます。

【20代】外資系・グローバル企業へ挑戦・おすすめ転職エージェント

皆さん、こんにちは。

さて、タイトルの通り、初めて外資系企業へ転職する方に向けた記事です。

英語力を活かした仕事をしたいと思われる方は多いと思います。

今日はそんな方に向けて、私の経験も踏まえて、書いています。

最初にまとめをお伝えします。

●この記事の対象となる方

20代から35歳くらいの方
・英語を使った仕事がしたい方
外資系企業、グローバル企業に挑戦したい方
・キャリアアップ、スキルアップ、キャリアチェンジを考えている方

●この記事を読んで分かること(あなたにとってのメリット)

英語に特化した転職エージェント
・外資系の注意点とリスク
・日系企業と考え方の違い

●最終的な結果(あなたのゴール)

・応募する際のポイントが分かる、
・リスクを回避し、キャリアアップを実現

今日もまず、結論を言います。

外資系、英語を活かした転職に強いエージェントは、この会社です。

ランスタッド株式会社(転職エージェント)

■ランスタッドは、世界39の国と地域に、4700以上の拠点を置く、総合人材サービス企業です。
日本ではマイナーですが、オランダに本社がある、世界ではメジャーな人材会社です。
日本での事業としては、人材派遣も人材紹介(転職エージェント)も、どちらも行っています。
英語を使った仕事に強く、外資系企業、日系グローバル企業への、太いパイプが同社の強みです。

< 基本情報 >

*世代:20代~50代(メインの利用者は20代-35歳まで)

*性別:男女(英語・外資系・グローバル企業に強い会社)

*対応エリア:全国(海外求人あり)

*拠点:93拠点(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・札幌・宇都宮ほか)

*一人の担当者が、求人企業と求職者の両方を担当する「両面型」です。

< 運営会社 >
*ランスタッド株式会社
*利用料:無料

★ランスタッド・ 無料登録ページへ >>

<転職タイプ①・キャリアアップ転職

20代-35歳くらい向けの転職サービスの名称「キャリアアップ転職」

*主な年収レンジ:400-800万円

総求人数:10000件以上(非公開求人が80%)

*地域:関東エリアの求人が、全体の40%以上

*職種:営業や事務・技術・企画など

*企業タイプ:上場企業・外資系企業、優良ベンチャー企業が中心

*特徴:これからキャリアアップしていきたい若い人向けのサービス

<転職タイプ②・プロフェッショナル転職

35歳以上向けの転職サービス名称が「プロフェッショナル転職」

*主な年収レンジ:800万~3000万円以上(年収1,000万円以上の求人がメイン)

総求人数:10000件以上

*公開求人:2000件(うち80%が年収800万円以上)非公開求人:8000件

*企業タイプ:外資系企業・グローバル企業が中心、

*ポジション:エグゼクティブ・管理職クラスのハイクラス正社員求人

*地域:外資系企業が多いため首都圏の求人企業が多い

*担当者が分野別に対応:医療から消費財、製造、テクノロジー、管理部門など

<強みポイント>

*転職サービスは2種類あり、年齢とキャリアで分かれる

キャリアアップ転職(20代-35歳以下)とプロフェッショナル転職(35歳以上)

*求人企業のタイプ:外資系・日系グローバル企業(求人全体のうち、約半数が外資系の求人)

*レベル:一般スタッフ、ミドルマネジメント層からエグゼクティブ層まで

*英語、中国語などに対応したバイリンガルコンサルタント外国籍の社員が在籍している。

英文の応募書類作成、面接対策などのサポートあり。

★下記の求人企業は、同社の初回登録ページを下にスクロールしていくと見ることができます。

外資系だけじゃなく、パナソニック、京セラ、ソニーなどグローバル展開の会社もあります。

営業、マーケティング、IT、事務、コンサルなど、職種によって分類されています。

ランスタッド

<おすすめする人>

*なるべく多くの選択肢から、次の会社を探したい人。

*他の日系エージェントが持っていないような、掘り出し物の求人を探している人。

*企業規模にこだわらず、ピリッとして、渋めの良い会社を探したい人。

*日系の大手エージェントほど、手厚いサポートがなくても、特に気にしない人。

*基本的に自力で合格するのが当たり前だと分かっている人=自立している人

*エージェントに応募を無理強いされるのがイヤな人、干渉されるのがイヤな人。

<気になるポイント>
*外資らしく対応もドライな感じ

<まるきんコメント>

ランスタッド自体が外資系企業なので、外資やグローバル企業に関する知識、
経験が豊富なスタッフが多い、特徴のあるエージェントです。
(他の日系の転職エージェントと比較して、という意味で)

あと、オランダ本部やグループも含めた売上げが世界第二位で、海外では有名です。
ただ、日本では海外ほど、知名度はありません

求職者へのサポートについては、普通レベルだと思います。
ただし、応募書類の英文添削は、もちろん得意です。

書類作成に関しては、ランスタッドの担当者にお願いして下さい。
レジュメチェックは、外国人のスタッフにお願いするのが、最適かもしれません。

<ランスタッド活用法>

同社のホームページにも書いてありますが、20-30代中盤向けの転職エージェントです。

若年層の外資系への転職なら、とても頼りになるエージェントだと思います。

同じく外資系に強い、JACリクルートメント(無料登録ページ)と併用すれば、
希望される転職先が見つかるのではないでしょうか?

ごり押しのコンサルタントが苦手の方には、おすすめできる転職エージェントです。
(同社は、求職者に「無理強いしないこと」を売りにしています)

まとめとしては・・・
「良い求人をサクッと紹介してもらうためのエージェント」
割り切ってしまえば、賢い選択だと思います。(無料ですしね)

例えば、20代のうちにランスタッドで外資へ転職して、
30代になってからJACリクルートメント(無料登録ページ)を利用して、
よりハイクラスにステップアップするのも、ある意味、王道だと思います。

「今は日系企業で働いていているけれど、どこかのタイミングで外資に行きたい」

「とりあえず、どんな求人があるかだけ、見るだけ見ておきたい」

という方は、下記から登録だけどうぞ。
(あなたが希望する求人があるかのチェック)

 

★ランスタッド・無料登録ページへ >>

初めての外資系への転職・エージェントの組合せ

はい、ではここからは、エージェントの組合せです。
まずは、私が作成した、転職市場マップをご覧下さい。

agt-map

マップの中で、大きく四角で囲った部分が3つ、丸で囲った固まりが3つ、あると思います。

3つある丸の真ん中のグループには【専門・語学特化】と書かれた黄色い丸があるかと思います。

★そこに入るのが、英語・外資系に強い、★ランスタッドです。

さらに、マップ全体に広がっている四角3つが、総合型エージェント3社です。

★面積の広い順に、リクルート(水色)、doda(紫色)、パソナキャリア(オレンジ)です。

今回は、外資系への転職がメイン目的なので、主役はランスタッド、それを支えるのが大手3社です。
※複数のエージェントに同時登録することで、求人の「量と質」を確保します。

メインで使用するエージェント】

★ランスタッド・無料登録ページへ >>
(初めての外資系転職に最適な会社)

サブで使用する3社】

★リクルートエージェント・無料登録ページへ >>
(総合型エージェント業界1位)

★doda(デューダ)・無料登録ページへ >>
(総合型エージェント業界2位)

★パソナキャリア・無料登録ページへ >>
(総合型エージェント顧客満足度 No.1)

以上が、私が考える最適な組合せ4社です。

Step1 :ランスタッドが主役

*同社は20代-35歳以下に強い会社です。

*転職決定者の70%が35歳以下です。

*同社のサイトはデザインもページ構成も特徴がありますが、使い方は他のサイトと同じです。

*初回登録画面では、あなたの氏名、アドレス、TOEICスコアや、現在年収を聞かれます。

*それ以外の入力項目は、選択ボタンです。(追加記入、あとから変更もOK)

*すぐに転職する・しないは別として、どんな求人があるかを見るだけでも、良いと思います。

*あなたがイメージした外資系と、実際の求人企業にはズレがあるかもしれませんので、まず現状把握です。

Step2 :大手エージェント3社の求人も、同時にチェックする

最初は、ランスタッドへの登録が基本となります。
そこに、総合型の大手エージェント(リクルート、doda、パソナキャリア)も平行で登録します。

目的は、上の図を見てお分かりのように、この3社の扱う求人量が圧倒的に多いからです。

ランスタッドで探せなかった場合、ここの3社で探せるかもしれません。
この3社にも登録することで「求人の数」を確保します。

この大手3社に共通する点

*大手であり、拠点が全国にある。
*信用力、知名度、老舗、サービスも安定している。
*何より、実績が豊富である。

あなたは、合計4つのエージェントからの求人を見て、

自分にふさわしい会社だけに応募して下さい。

もし、分からないことがあれば、各エージェント担当者に分かるまで聞いてください。

日系企業とは違い、情報不足の場合があるので、

遠慮なくガツガツ行って、ちょうど良いくらいです。

エージェントが言う「良い会社」と、

あなたが考える「良い会社」は、違う場合が多いので注意。

 

※リクルート、doda、パソナキャリアは下記の記事にまとめていますので、あとでご覧下さい。

【重要】エージェントに確認すべき9項目

応募に際しては、必ず、下記の項目を確認して下さい。

成功確率を上げるためにも

「入社した後のシミュレーション」をして下さい。

「入社したら安泰」という日系企業ではありませんので、気を引き締めて。

【重要】あなたがエージェントに確認すべき9項目

①過去にそのエージェントから、その会社へ何名くらい紹介実績があるか?

②今までに、どんな経歴の人物が採用されたか?

③その会社で活躍しているのはどんなタイプの人か?

④活躍している人と、あなたとの共通点はあるか?

⑤給与待遇面だけでなく、平均の在籍年数(離職率)は?

給与以外の魅力には、どんなものがあるか?(社風、経営方針、ビジネスモデル)

⑦あなたが何をすれば、会社に評価されるのか?

海外勤務の可能性はあるか?

⑨仮にそこを5年で辞めた場合、次にどんなキャリアパスが考えられるか?

違うエージェントから同じ求人を紹介された場合

状況によっては、複数のエージェントから、同じ会社を紹介されるかもしれません。

その場合は、なるべく紹介実績の多いエージェントから

応募された方が、合格率が高くなります。

シンプルに、実績重視で、どこからエントリーするかを決められたら良いと思います。

*過去にその求人企業に対して紹介実績があれば
企業の内部情報が、ある程度は、分かるはずです。
過去の転職者が、今、活躍しているかを詳しく聞けるはずです。

エージェントの意見は、ほどほどにして、自分で決める

あと、あなたが職種を選択される場面では(言うまでもないことですが)

「自分が一番、活躍できそうな、ワクワクする仕事」を選択して下さい。

「この仕事だったら無理なくやれそうだ」と思った求人へ応募して下さい。

「エージェントの担当者から勧められたから」じゃなく、自分で選ぶこと。

あと、頑張ろうと気負い過ぎて、背伸び転職してしまうと、
短期間で退場(退職)になるので、自分のスキルをシビアに見ること。

何社も応募して、合格できたとしても、
あなたがいけるのは1社だけなので、よく見定めて狙い打ち転職をおすすめします。

【重要】エージェントを利用する際の基本知識

転職エージェントを利用されるあなたに理解しておいて頂きたい「考え方の軸」があります。
それを要約したものが、下記の9項目です。

  1. 転職支援サービスには、転職エージェントと転職サイトがあり、両方とも無料で利用できる。
  2. 転職エージェントは、専任担当者がつき、応募から合格までサポートしてくれる。
  3. 転職サイトは、応募から合格まで、すべて自分一人でこなさなければならない。
  4. 転職エージェントには幅広い求人を取扱う「総合型」と女性や英語といった「特化型」がある
  5. 総合型は「広く浅く」が得意なので「求人の量」を確保するのに適している。
  6. 特化型は「せまく深く」が得意なので「質の高い求人」を入手することができる。
  7. 総合型と特化型を組み合わせることで、自分の欲しい求人と出会う確率が高くなる。
  8. 企業への応募は「数撃ちゃ当たる応募」でなく「狙い撃ち応募」の方が、受かりやすい。
  9. 目先の就職がゴールではなく、未来へつながるキャリア形成が、転職の目的である。

まとめ:初めての外資系・転職エージェント・4社

※複数のエージェントに同時登録することで、求人の「量と質」を確保します。

メインで使用するエージェント】

★ランスタッド・無料登録ページへ >>
(初めての外資系転職に最適な会社)

サブで使用する3社】

★リクルートエージェント・無料登録ページへ >>
(総合型エージェント業界1位)

★doda(デューダ)・無料登録ページへ >>
(総合型エージェント業界2位)

★パソナキャリア・無料登録ページへ >>
(総合型エージェント顧客満足度 No.1)

以上が、私が考える最適な組合せ4社です。

あなたが興味を持たれたのであれば、登録をされて良いと思います。

複数のエージェントへ登録する際は、登録する時期をなるべく合わせて

その時期に求人を出している「外資・グローバル企業」の

求人を一気に集める方が、効果的です。

さいごに:このブログを読まれているあなたへ

最後まで読んでいただき、有難うございます。

ここまで読まれてお分かりの通り、

外資、グローバル企業で働くには、自分の主体性が必要となります。

「待ちの姿勢」では無く、「主体性を持って」

仕事に取組まれる方であれば、成功されると思います。

ぜひ、もうワンランク上のステージで活躍されて下さい。

本日も最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました