★ 未来を変える仕事さがし ★

行動② 求人をさがす、スカウトを待つ

【 ひとことコメント by まるきん 】
どういうやり方で求人情報を探せば良いのか?
スカウトメールの仕組みや、自主応募の注意点について書いています。

⑤ 求人をさがす、スカウトを待つ

【待遇だけじゃない】大企業と中小・ベンチャー企業の違いとメリット

どこで働くか、どんな仕事をするか、ということも重要ですが、誰と働くか、ということも、本当に重要だと思います。 私が転職活動において「ご縁」という言葉を、何度も使うのはそのためです。自分ががんばるのは当然ですが、誰と出会うかによっても、その後の人生は、大きく変わると思います。
⑤ 求人をさがす、スカウトを待つ

【年収アップ】あなたの市場価値と年収1000万をねらう最適な年齢

求人企業は、人材採用を、未来の価値に対する投資だと考えています。それを理解すれば、転職活動において、あなたが何を伝えるべきか。また、転職後の仕事において、あなたがどんな行動をするべきか、おのずと分かっていただけるのではないかと思います。その点を踏まえて行動していれば、リストラされることはありません。
⑤ 求人をさがす、スカウトを待つ

【合格の鉄則】転職エージェントに登録してすぐに良い求人を貰う方法

サイト内に書類をアップロードしておけば、エージェント担当者は、事前にそれを見ることが出来ます。「あなたには、どんな求人を案内するべきか」向こうがイメージを膨らませます。あなたの要望にあった、最適な求人をメールしてくれる、というシンプルな流れです。
⑤ 求人をさがす、スカウトを待つ

【転職手法】転職サイトに登録し、エージェントのスカウト経由で転職する

転職活動がスタートしたらメールチェック、求人探しを、マメにやる必要があります。転職活動に必要な期間は、早い人は1ヶ月。普通の人は、大体3ヶ月程度です。じっくり探す方は、半年くらいを目安に動かれています。あと、ハイクラスへの応募も、時間がかかります。
⑤ 求人をさがす、スカウトを待つ

【転職常識】転職エージェントに年収交渉をして貰う(給与UP)

会社というものは、一旦入社したら、なかなか給料が上がりません。なので、入社の段階で、できるだけアップさせることが前提条件となります。「同業他社と比較して、これくらいが相場です」とか、「同年代の人はこれくらいの給与を貰っていますよ」とか会社側に交渉をして、できるだけ本人に気持ちよく転職して貰うよう努力します。
⑤ 求人をさがす、スカウトを待つ

【求人情報】あとで後悔しないための求人票の読み解き方

さて、前回に引き続き、今回のテーマも求人票です。なんとなく、今日のタイトルを「読み解き方」にしました。(笑) 前回に引き続き、いくつか、ネット上の求人で気になる表現があったので、それを取り上げます。
⑤ 求人をさがす、スカウトを待つ

【求人情報】求人票から読み取るブラック企業の特徴とは?

世の中には沢山の求人票がありますよね?でもそこには、「求人企業側の意図」が隠れている場合があります。別に「ブラック企業探し」をしたいわけではなく、皆さんが望まれる企業とそうでない企業を選別する際の「目利き力」(めききりょく)を養って頂きたいという意味です。
\ この記事をシェアする /
タイトルとURLをコピーしました