★ 未来へつながる仕事さがし ★

【ハイクラス転職】スカウト数を3倍にして年収1000万を実現する

5.0
④ 転職エージェントへ登録する
この記事は約18分で読めます。

スカウト数を3倍にして年収1000万を実現する

皆さん、こんにちは。

本日はちょっと“攻めた感じ”のタイトルです。

ハイクラスの転職サイトと言えば、ビズリーチです。

本日の主役は、このビズリーチです。

「ハイクラス、エグゼクティブ、高年収」で有名なので、ご存知な方も多いと思います。

サイト登録した直後は、求人のハイグレードさに、あなたもちょっとビックリされるかもしれません。

私も最初は、ビックリしました

ちなみに、転職サイト紹介記事では「敷居が高い」という書込みも多いのですが・・・。

●「求人をさがす、応募する、受かる」という転職活動の流れは、まったく同じです。

時給1000円のアルバイトも、年収1000万のハイクラスも、プロセスは同じです

いや、別にふざけているわけではありません。
本当に、実際の活動に関しては、なんら変わりません。
ここの最大の特徴は、「ヘッドハンターからのスカウトを待つ」転職サイトだということです。
職務経歴書のコピー&ペースト以外、あなたが特別なことをする必要はありません
転職活動は、とてもシンプルで、とても効率的です。
求人さがしも、実は他の転職サイトよりも楽ですし、在職中で忙しい方におすすめです。

まず、本日のまとめを書きます。

●この記事の対象となる方

★現状の年収500万以上の方(あくまで自己申告・所得証明の必要なし

年収600万円-1000万円を狙いたい

★もう一段、キャリアアップしたい方

★エグゼクティブクラスを狙いたい方

★自分の市場価値を知りたい方

年収を落とさず良い求人だけに応募したい方

★ヘッドハンター経由で有利な転職をしたい方

★今の仕事より刺激的な仕事をさがしている方

★忙しくて転職活動ができない

勝負したい

●この記事を読んで分かること(あなたにとってのメリット

★日本のハイクラス特化会社の特徴と違いが分かる

★ハイクラス転職活動のやり方が分かる。

●最終的な結果(あなたのゴール

ヘッドハンターからスカウトメールを貰い、転職&年収アップ成功

それでは、早速、本題に入ります。

ビズリーチ・基本情報

ビズリーチ

年収1,000万円以上の求人が1/3を占める、国内最大級のハイクラス転職サイト

●求職者の職務経歴書を見たヘッドハンターと、企業の担当者からスカウトメールが送られてくる。

●職種はコンサルタント、マーケティング、財務・法務・人事、メーカー系エンジニアは特に強い。

●登録ヘッドハンター数:4500名以上

●求人数:公開求人は109,000件以上、非公開求人は23,000件以上。

●求職者は無料でも利用できるが、有料にすることで応募できる企業が増やせる。

※ビズリーチは人材紹介エージェントではないので、ビズリーチ社員は、面談を行わない

< 基本情報 >
*運営会社 : 株式会社ビズリーチ
*対応エリア : 全国 (海外求人有り)
*公開求人数 : 約12万件以上(非公開求人有り)
*主な対応年代 : 20代 – 50代
*職種 : 全般
*サービス形態 : 転職支援、転職サイト

 

>>ビズリーチへ無料登録をする>>

ビズリーチの良いところ

*年収1000万円以上の求人を扱うヘッドハンターから、あなたへスカウトが来る。

8割以上がスカウトからの転職成功者

ビズリーチの審査基準をパスした求人企業やヘッドハンターだけが利用できるサイト。

*いきなり役員面接、書類選考免除、面談確約オファーなど、ゴールに直結する。

基本サービスは無料で使えて、自分が希望すれば有料でフルサービスも利用できる。

*企業やヘッドハンターには、一流どころが多く、刺激的な出会いが多い。

*各業界で、どんな人材、スキルが必要とされているか、市場動向が分かる

ビズリーチの残念なところ

*スキルが不足していたり、転職回数が極端に多いと、本当にまったくスカウトが来ない

*職務経歴書を定期的に更新し、最新状態に維持しておく必要がある。

*ヘッドハンターからオファーを貰ってからスタートなので、急ぎの転職には不向き。

*あなたとヘッドハンターとの相性、そのヘッドハンターの力量で、結果が大きく変わる

*履歴書や職務経歴書の添削などは手伝ってくれないので、自分でやるしかない

ピンク

ビズリーチをおすすめする方

現在の年収が500万円以上の方(ただし自己申告なので、証明の必要ナシ)

年齢20代後半~30代の方

*今より年収を上げたい方、1000万円以上を狙いたい

*高度な知識、スキル、経験がある方、売りになる「強み」がある

ハイクラスにチャレンジ、キャリアアップを実現したい方

年齢40代~50代、管理職経験者

上場企業で働かれている方

*専門性の高い国家資格を持っている方

*大手企業や外資系企業への転職を狙っている方

*幅広い求人の中から好条件のものを選びたい方

ヘッドハンティングによる転職を希望している方

*時間がかかっても良いので、自分にあった仕事をさがしたい

*これまでのキャリアを活かして、大きな仕事がしたい方

ビズリーチの実態・転職者の年齢と年収(実績ベース)

●転職成功者の8割:30歳以上(平均年収820万)

●転職成功者の6割:35歳以上(平均年収850万)

●転職成功者の4割:40歳以上(平均年収910万)

●ビズリーチ会員の平均年齢:42歳

※このデータの通り、ビズリーチ転職者の4割が40代以上です、
ということは、のこりの6割が20代、30代の転職者ということになります。

つまり、若い世代が中心です。

※年収の平均が800万台ということは、実際は、それ以上とそれ以下で幅があります

※実際は500-600万クラスと1000万クラスの両方が決まるので、平均にすると800万台です。

プレゼン

特におすすめは、20代中盤-30代中盤の方と、その理由

下記はビズリーチを利用しているヘッドハンターや採用担当者が、

過去6ヶ月間に求職者へ送ったスカウトの実績データです。

このデータは、ビズリーチに登録すれば、だれでも普通に閲覧できます

図を見ると、25-35歳の世代へのスカウト送信数が最も多いことがわかります。

全世代のうち、一番、高い山になっているのがその世代です。

 

 

年齢で言うと「28歳」向けのスカウトが、全ての年齢の中で一番、おおいことが分かります

その30歳前後を山の頂点として、スカウトは、なだらかに減っていき、50代以降は減少しています。

この実績データから考えると、20代後半-30代中盤の方が、ビズリーチの一番ホットな世代層です。

つまり、ハイクラス転職のスカウトを貰いやすい世代、

あなた個人にとっては、「転職で年収を上げるタイミング」と言えるでしょう。

あとはヘッドハンターや採用担当者からのスカウトを待つという流れです。

いわかみさん

【基本知識】サイトの機能とサービス内容

無料会員と有料会員の違い

まず、大きく分けると、無料会員の「スタンダード」有料会員の「プレミアム」に分かれます。

ほとんどの方は、まずは無料登録してみて、実際に利用してみて、有料会員を検討されると思います。

それで問題ありません。

次に、年収750万以下が「タレント会員」年収750万以上がハイクラス会員」と呼ばれます。

この会員タイプはビズリーチ内の分け方なので、あなたが選べるものではありません。

単なる呼び方であり、サイトを利用する上で大きな支障は無いので、特に気にしないで下さい。

この時点で、4つに分類されました。

まとめると、下記の4種類となります、シンプルです。

①スタンダード無料の・タレント(750万以下)
②スタンダード無料の・ハイクラス(750万以上)

③プレミアム有料の・タレント(750万以下)
④プレミアム有料の・ハイクラス(750万以上)の4タイプになります。

●スタンダード無料とプレミアム有料のできること一覧表

A:費用の有無スタンダード・無料
B:呼び方①タレント会員②ハイクラス会員
C:年収の目安年収750万以下年収750万以上
D:機能プラチナスカウトの閲覧、返信は可能

②一部の求人への応募は可能

プラチナスカウトの閲覧、返信は可能

②一部の求人への応募は可能

 

A:費用の有無プレミアム:有料
B:呼び方③タレント会員④ハイクラス会員
C:年収の目安年収750万以下年収750万以上
D:機能①全ての求人の検索、閲覧、応募が可能

②全てのスカウトの閲覧、返信が可能

③ヘッドハンターへの相談も可能

①全ての求人の検索、閲覧、応募が可能

②全てのスカウトの閲覧、返信が可能

③ヘッドハンターへの相談も可能

④ハイクラス限定の求人を閲覧可能。

⑤年収1千万以上の求人へ自主応募ができる。

E:金額30日間コース ・・・3,278円(税込)30日間コース・・・5,478円(税込)
●有料会員は、サイト内の機能をフルに利用でき、自主応募も、ヘッドハンターへの相談もできます。
ボタン
スカウトメールは、2種類くる

スカウトメールには2種類あります。
無料会員、有料会員、どちらにも、2種類のスカウトメールが届きます。

●プラチナスカウト特別なメール

●スカウト通常のメール

●プラチナスカウト(重要度:高)

*採用企業、ヘッドハンターからの特別なスカウトメール→精度の高いオファー。

*企業との面接もしくはヘッドハンターとの面談が確約されているスカウトメール
*無料、有料会員の種別を問わず、だれでも返信・応募ができる。
●スカウト(重要度:普通)

*あなたの経歴やスキルに関心を持ったヘッドハンターからのスカウトメール。
*無料会員は、閲覧も返信もできない
*有料会員は、閲覧・返信ができる
*つまり、有料会員になって、お金を払えば、すべての機能が使えます。
無料会員でも、プラチナスカウトは来ます

無料会員であってもヘッドハンターや採用担当者から、
「ぜひお会いしたい」というラブレター=プラチナスカウトが来たら、
普通に面談、エントリー、面接、内定、合格までいけます。

【重要】ビズリーチでは、このプラチナスカウトを、どれだけもらえるかがカギとなります
【安心】無料会員が、有料会員を体験できる無料期間があります

「リクナビNEXTやdodaといった、他の転職サイトは無料なので、ちょっと抵抗がある」

「お金を払っても良いが、実際に自分の希望の求人があるかどうか分からない

・・・・・そんな普通な感覚をお持ちの方には、ビズリーチから定期的に届く、

無料体験期間があるので、その期間に使い倒すのもアリだと思います。

ためしに、無料→有料にしてみて、やっぱり更新しない、という選択も出来ます。

攻めたい方
もし、あなたが、年収750万以上で、
「自分でガンガン応募したい」場合は、有料会員がおすすめです。

●待ちたい方
「とりあえず、どんなスカウトが来るか、しばらく様子をみたい
「まずは、ヘッドハンターからのスカウトを待ちたい」という方は、無料会員のままでかまいません。

 

メール
サイト登録とサービス内容(シンプルにまとめ)

●有料会員と無料会員のちがい → 有料会員の方が自分で応募可能な求人が多い。

●会員の呼び方が2種類 → タレント会員とハイクラス会員だが、年収で呼び名が違うだけ。

●スカウトメールが2種類あり → プラチナスカウトが重要なメールで、無料会員にも届く

あなたは無料か有料かを、自由にえらべます

タイプ①最初から有料会員になって、応募しまくって、ガンガン攻めて勝つ

タイプ②無料会員で、プラチナスカウトのオファーを待つ、必要を感じたら、有料に切り替える

タイプ③最初から最後まで無料が基本、何かあればその時に考える。

※あなたの転職活動に対する考え方を優先してください。

バッチリ

はい、ここまでで、サイトの特徴、サービス内容、会員タイプ、メールタイプの違いを説明しました。

で、ここまでは、あくまで、準備です。

ここからが、実践編です。

私があなたにお伝えしたい、転職GOLD流の【行動編】です。

【基本行動】登録から合格までの一連の流れ

【初回】ビズリーチへ会員登録・キャリアシートの登録

<無料会員登録からサイト内へのレジュメ登録>

無料会員登録する(入力は数分でおわる)

●職務経歴書の作成、手直しをする(あなた個人でPC作業)

●出来あがった職務経歴書をビズリーチサイト内へ登録する(最新版をコピー&ペースト)

●これでいったん仕込みは終了、あとはひたすら「スカウトを待つ」だけ。(お疲れ様でした)

【登録後】ヘッドハンターからスカウトをもらって合格までストレート

<ヘッドハンターからメールを貰って、面談して合格まで>

●ヘッドハンターが、求職者データベース検索で、あなたの職務経歴書を確認する

●ヘッドハンターからあなたへ、ハイクラスの求人票がメールされる

●あなたとヘッドハンターが面談して、案件の詳細説明をされる。

●あなたが、その求人へ応募する、応募しないのジャッジをする

●ここから先は、通常の応募と同様に、書類選考、面接、内定、入社という流れです。

※最初が、スカウトメールというだけで、あとは通常の応募と同じ流れです。

●ビズリーチ 公式サイト(無料登録ページ)

転職GOLD流①書類選考を突破する秘訣

ハイクラス転職は、書類の完成度が命です。

まずあなたがやるべきは、職務経歴書を充実させることです。

この転職GOLDでは、職務経歴書の作成方法について、5回に分けて、解説しています。

 

 

そもそも、↑この記事は「ハイクラス向け」を想定して書いているので、参考にして下さい。

あと、履歴書、職務経歴書のフォーマットもダウンロードできるので、使って下さい。

応募書類の完成度、これであなたの運命が、ほぼ決まります。

ヘッドハンターは、いちいち書類の書き方を添削したり指導してくれたりはしません

その部分は、私がこのブログで、代行します

逆に言うと、ハイクラスは、書類を作成しておけば、あとは待っておくだけなので、とても楽です。

職務経歴書の完成度が高い人=仕事が出来る人という考え方です。

ということは、色んな求人に応募する=単に数を増やすよりも、

自分の職務経歴書の完成度を上げる=質を上げる方が、賢いやり方だといえます。

まずはここから、取り掛かってください。

転職GOLD流②ヘッドハンターから求人をもらう”仕掛け”

つぎは、魅力的なスカウトを貰うための、具体的なやり方です。

ヘッドハンターや採用担当者は、求職者データベースを検索し、あなたにメールを送ります。

彼らはサイト内に登録された、あなたの職務経歴書を見て、メールを送ってきます。

求人企業の募集条件と、あなたがマッチしているか、職務経歴書を見て判断します。

あなたにスカウトがくるかどうかは、そのデータベースで検索されるかどうか決まります

検索で引っかからなければ、誰からもメールは来ません

彼らがあなたを探せるように、ちょっとだけ、仕掛けが必要です。

あなたの職務経歴書内に、「彼らが検索するキーワード」を仕込んでおく必要があります。

ヘッドハンター側のキーワードを理解する

サイト内に、ヘッドハンターが検索するキーワードベスト100が表示されています。

あなたの職務経歴書に、ランキング上位のキーワードを記載することで、検索にひっかかりやすくなります。

ここでは参考例として、職種を4つ、キーワードを上位5つ、記載してみます。

A列が、募集されている職種です。

B列が、採用担当者が検索するキーワードです。

C列が、ヘッドハンターが検索するキーワードです。

もし、あなたが

①業務プロセスコンサルタント職を希望なら→検索1位の「SAP」という言葉は必須です。

④事業企画・事業統括を希望であれば→検索1位の「新規事業」は必須です。

A.募集職種
ポジション
B.採用担当者が検索する
キーワード TOP 5↓
C.ヘッドハンターが検索する
キーワード TOP 5↓
①業務プロセスコンサルタント
1位「SAP」
2位「クラウド」
3「Salesforce」4「SaaS」5「CRM」
1位「SAP」
2位「Java」
3「Python」4「RPA」5「IoT」
②データサイエンティスト
1位「SAP」
2位「機械学習」
3「AWS」4「java」5「Python」
1位「Python」
2位「機械学習」

3「AI」4「AWS」5「SAP」
③経営者・CEO COO 1位「ベンチャー」
2位「新規事業」
3「創業」4「事業企画」5「事業開発」
1位「M&A」
2位「理化学」
3「SaaS」4「新規事業」5「戦略」
④事業企画・事業統括 1位「新規事業」
2位「事業企画」
3「事業開発」4「企画」5「戦略」
1位「新規事業」
2位「AI」
3「事業企画」4「M&A」5「IoT」
職務経歴書にホットな検索キーワードを仕込んでおく

職種により、企業担当者とヘッドハンターでは、キーワードが微妙に異なります

職務経歴書にキーワードをうまく入れることで、あなたが検索に引っかかる率がアップします。

もう、お分かりだと思いますが、まず職種に応じて、検索されるであろうキーワードを知ること。

そのキーワードを、あなたの職務経歴書に入れておくことが、最も効果的なやり方です。

あとはヘッドハンターや採用担当者から探してもらって、スカウトを待つという流れです。

※あなたもよくご存知の「Google検索で上位に表示させるSEO対策」と同じ意味です。

【まとめ】キーワード対策で、自分にスカウトが来るようにする

以下の仕込みをやることで、何もしない時と比べて、あなたへのスカウト数が倍以上に増えます

この記事タイトルでは「3倍」と控えめに書いていますが、本当はもっと違いが出ます。

これを知っているか知らないか、やるかやらないかで、転職成功の確率が大きく変わります。

<プラチナスカウトをもらう為の仕掛け・まとめ>

●職務経歴書をいったん、完成させる

●ビズリーチのサイト内で応募したい職種のキーワード・ベスト100を表示させる

●その上から10位まで、どんな言葉なのかを確認する

●上位にある順に、キーワードを職務経歴書に追記する(無理やりじゃなく自然に入れる)

●検索に引っかかる率がアップする

●ヘッドハンターや採用担当者があなたを探しやすくなり、魅力的なスカウトが届く

●その中から、もっとも自分にふさわしい求人へ応募する。

●シンプルに、受かる

転職GOLD流③プラチナスカウトを”継続して貰う”手法

結論から言います、

定期的なログインとメールチェックです。

ヘッドハンターたちは、あなたのログイン履歴を見ています。

●ビズリーチに、よくログインする人

●転職する意欲が高い人

●本気度が高い人と認識されます。

ログインは、最低、週に一回はやってください。

難しいなら、2週に一回でも構いません。

別に求人検索する必要はありません、ログインだけで良いですから。

履歴が残り、あなたが転職に積極的な方だとヘッドハンターに認識されます。

それで、スカウトメールを貰いやすくなります。

逆に、ログインしない人には、スカウトメールは送られません

転職GOLD・スカウトを3倍もらうテクニック・まとめ

当然ですが、転職サイトに登録しただけでは、なかなか良い求人とめぐり合えません。

やなり、コツというか、それなりの仕掛けが必要です。

本日は、地味ですが、効果的なやり方を3つ、ご紹介しました。

職務経歴書の内容を充実させる、完成度を上げる、強くする。

職務経歴書のデータを定期的にアップデートすること!

 

②ヘッドハンターの検索キーワードを、職務経歴書内に散りばめる。

ヘッドハンターの検索に引っかかれば、スカウトメール倍増!

 

定期的にログインして、ヘッドハンターに転職意欲が高いことをアピールする。

地味だが、継続してメールをもらうにはすごく効果的。

この3つは、どなたでも、絶対に、効果があります

業界内では①の「職務経歴書の内容を充実させる」とスカウト数が3倍に増えると言われます。

基本的な対策としては、それだけでも充分ですが、念には念を入れて、

さらに②の検索キーワード最適化と、③の定期ログインも含めたら、

何もしていない時と比べて、余裕で5倍以上の差が出ると考えています。

 

一応、この記事のタイトルでは、「スカウト数が3倍」控えめに書いています。

自信が無いわけじゃありません。

私は日本人なので、大口を叩くのが好きではありません。

控えめが「美徳」だと思います。

 

さくら

さいごに:このブログを読まれているあなたへ

最後まで読んでいただき、有難うございます。

ここまで読まれてお分かりの通り、ビズリーチは、忙しい人ほど便利なサイトだといわれます。

自分で探して応募も良いですが、ヘッドハンターと強力なコンビを組んで攻略するのがベストです。

 

特に、ハイクラス年収1000万は、ヘッドハンターに金額交渉させるのがスマートです。

上でも書きましたが、ビズリーチは「スカウトメールを待つ」のが基本スタイルなので、

職務経歴書を登録して、それを定期的にブラッシュアップしながら、待つ

自分のキャリアにふさわしい求人を、ピンポイントで送って貰う、というのが基本だと思います。

ヘッドハンターからプラチナスカウトが届いてからが、勝負です

その求人の中で、「どこで自分が活躍できそうか?」

イメージしながら、何度も見ることが大事だと思います。

 

その「絞り込み」の段階では、年収面以外の、

長く続けられる仕事なのか?

どれだけ成長できるのか?

何が経験できるのか?

という未来の視点をちょっと入れて頂けたらと思います。

 

ここまで読んでいただいたのもご縁なので、

私がおすすめしたやり方で、ぜひ、ハイクラス転職を実現させて下さい。

転職に必要だと思われる情報は、これからも随時、記事としてまとめていきます。

あと、合格されたら、私にも「成功報告」を下さい。(本気で待っています)

※もし、質問があればメールください。

 

以上、長くなりましたが、ハイクラス転職サイト・ビズリーチ特集でした。

本日も最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

~ 本日ご案内したハイクラス転職サイト ~

●ビズリーチ 公式サイト(無料登録ページ)

 

 

転職GOLDが “あなたの未来を変える” きっかけとなり、

次の会社との「ご縁」がつながったら、シンプルに、私は嬉しいです。

良い「ご縁」がありますように!

 

1+
タイトルとURLをコピーしました