★ 未来へつながる仕事さがし ★

【40代50代転職】中高年男性が年収条件を下げられない3つの理由

5.0
ばつじるし⑦40代・50代・中高年の転職
この記事は約12分で読めます。

中高年男性のあなたが年収条件を下げられない3つの理由

皆さん、こんにちは。

今日のテーマは、中高年の転職です。

この分野は、私がメインに扱ってきた領域です。
人材業界歴20年の私は、最初の5年を除き、15年以上、中高年の転職をメインに活動してきました。

具体的に言うと、40代、50代、60代の方の「正社員・転職支援」を行ってきました。
本日は、そこでの体験談を踏まえて、実情をお伝えできればと思います。

まず、本日の記事のまとめとなります。

●この記事の対象となる方

40代、50代、60代の方
*男性、家族持ちの世帯主向け(子供の教育や親の介護も含む)
*地域、職種を問わず

●この記事を読んで分かること(あなたにとってのメリット

*首都圏と地域都市の違い
*求人募集時の年収条件に差がある理由
*転職を考える上でネックとなるもの
中高年世代に共通する悩み

●最終的な結果(あなたのゴール

*転職活動を行うにあたって、何を優先するべきかがわかる。
*それを解決するための、仕事さがしのやり方

中高年のベテランを募集する際の「最低」給与条件

私は以前の職場において、中高年シニア層に特化した人材紹介をメインに活動していました。

当時、私と面談された方々は、下記のような感じです。

*企業規模:大企業、及び子会社、グループ会社

*退職理由:早期退職制度、人員整理(いわゆるリストラも含む)

*役職・ポジション:管理職、部長・課長クラス

*年齢:45歳-60歳

*性別:男性8割:女性2割

*学歴:ほとんどが4年制大学卒

皆さんもニュース等でご覧になったことはあると思います。

誰もが知っている、いわゆる大手企業の中高年リストラ対象者の方々です。

私が担当していた、中高年に特化した人材サービス

これらの大企業の早期退職者に登録して頂き、

求人企業とのマッチングを行い、転職を成功させるのが、当時の私の仕事でした。

*転職先:中小・ベンチャー企業

*役職:社長の右腕役、番頭さん的なポジション、マネジメント業務

*転職後の雇用形態:正社員

で、その際にネックとなるのが、本日のテーマである、希望年収です。

大企業経験者が希望する最低給与額

首都圏(一都三県)と、地方都市では、年収のレベル感が違います。

その差はだいたい、100万円です。

 

●首都圏における最低希望年収:500万円

●地方都市における最低希望年収:400万円

 

これは、私が大阪時代と東京時代の両方を比較してみた、リアル値です。

分かりやすく言うと、

●東京では、年収500万円以上じゃないと、応募がない

●でも、地方都市では、年収400万円以上なら、応募がある

これはあくまで、私の経験値です。

「大企業のホワイトカラー中高年に特化した、正社員の紹介事業」

をメインにしていた私の印象です。

ここはみなさん、異論があるかと思います。

「その通り」「いや違う」「正しい」「間違っている」など・・・。

あなたが言いたいことはあると思います。

・・・が、とりあえず、話を先に進めます。

 

yukichi

首都圏の中高年には、年収400万円は低すぎる

私の場合は、中高年に特化した転職エージェントです。

様々な求職者のデータベースから、実際にスカウト募集をやってみた感想としては

大阪では年収400万円以上であれば、それなりに応募はありました

岡山、金沢でも仙台でも、400万円以上であれば、応募がありました

その多くは、「地元で働きたい」という方々でした。

 

しかし、東京を中心とする、千葉、神奈川、埼玉県の一都三県

いわゆる「首都圏」に住む家族持ちの中高年には、年収400万円は低すぎる

その給与では、家族を養うことが出来ない

従って、当然の結果として「誰からも応募がない」という状況でした。

 

なので、求人企業を訪問して、社長と話すときに、そのことを伝えていました。

「社長、年収500万円だと、最低条件です」

「それ以下の金額ですと、応募が無いと思います」

「仮に応募があっても、社長が希望されるキャリアの方々ではありません」

毎回、求人企業に対して、この最低給与額を伝えないといけません。

じゃないと、採用活動自体が無意味になるので、ここは必ず伝えていました

 

あと、この記事を読まれているあなたに、誤解して頂きたくないのですが、

転職エージェントとしての私が、

自社の成功報酬フィーを多くしたいために

転職者の年収額を無理やり吊り上げたいのではなく

やってみた実感として、「応募される人がいない」からです。

 

そもそもですが、

私の場合は、転職エージェントなので、ハローワークには掲載していません

非公開求人なので、リクナビ、マイナビ、エンジャパンといった

自社が契約している転職サイトにしか、求人情報を開示していません

そのサイトの登録者に対して、スカウトメールを送って、面談が基本パターンです。

当然ですが、公開求人ではないので、人の目に触れる機会も、さほど多くありません

 

ここで状況を整理しますと・・・

●社名公開のオープンな求人ではない

限られた転職サイトにだけ掲載している

●給与条件も、大企業と比較すると劣る

これでは、たしかに、応募者が少なかったのも、止むを得ないのかもしれません。

 

じゃあ、なぜ、年収を下げられないのか?

ここで本題に入りますが、

中高年の方が希望年収条件を下げられない理由には、主に3つあります

中高年が、転職活動をする際に特に気にするのは、下記です。

①住宅ローン

②子供の教育費

③親の介護

書いてしまえば、当たり前の項目ばかりかもしれませんが、この3つです。

私が求職者と面談をした際に、この3つが
「応募をする上での心理的なネック」になっていると分かりました。

私の想像以上に、これが重くのしかかっています。

一つ一つ、見ていきましょう。

 

①住宅ローン

住宅ローンは大変は大変ですが、人生上の必要経費だと思います。

場合によっては、前倒しで支払いも可能です。

早期退職制度の割増退職金を利用して、残りを一気に払ってしまうというのもアリです。

 

②子供の教育費

教育費は、ご本人と、お子さんの年齢によって大きく変わります

例えば、すでに大学3年生とかであれば、あとは残り1年です。

すぐに卒業して社会人になるだけなので、ほぼ終わりです

ただし、ここがまだ、小学生の低学年とかですと、話は違います

パパはあと20年は頑張らないとね・・・」という話になります。

 

③親の介護

介護は、本当に個人個人で違うと思います。

●家のローンは払ったら終わりです

●子供の教育費も、育ったら終わりです

でも、親の介護は、場合によっては、仕事をかえる、実家に帰る、

という決断が必要となります。

あなたが40代であれば、今はご両親が元気でも、10年後は、分かりません

場合によっては、転居、転職、独立、起業、帰郷、移住があるかもしれません。

介護は、家族や身内が時間と労力をさくか、人にお金を払って頼むかという

「身内か、他人か」の、どちらかしかありません。

何よりも、何年で終わるという見通しが立ちません。

 

 

shibaffu

3つともある場合は年収を下げられない

この3つが、3つともあると、転職する際の年収を下げられません

よくあるパターンですが、本人としてはやりたい仕事がある

でも、その仕事の年収が低いので、家族を養えない

だから、年収500万円以上の、なるべくリスクの低い求人案件にしか、応募が出来ない

結果的に、第二志望の「安全性の高い無難な仕事」への応募が増える感じです。

これが首都圏に住む、男性、中高年の方のリアル感想です。

 

やりたい仕事はあるけれど、家族を養う為の収入を優先する。

おそらく、これを読まれているあなたにとっても、
ここが現実的な落としどころだと思います。

 

なので、私は今日、あなたに言いたいことがあります。

 

パパが大変なことは、

このまるきんも、

分かっていますよ。

 

このことを言いたくて、今日はこの記事を書きました。

全国の家族持ちのお父さんたちに対して、どうしても、言いたかったのです。

 

家族のために、やりたいことを我慢しているお父さんは、本当に多い

 

自分は良いけど、子供のために」と考えるお父さんは、本当に多い

 

子供が社会人になるまでは」がエネルギー源になっている方も、本当に多い

 

でも、色んな悩みがあっても、人には言えないと思います。

だって、男に生まれたから

だって、父親だから

 

もしこれが、ひとり身であれば、

年収の額にこだわる必要は、それほど無いのかもしれません。

自分と親の介護だけ考えれば

とりあえずはOKというケースも多いと思います。

ひとごみ

家族のために生きる

私も含む、全国のパパ軍団は、自分以外の家族のために、生きています。

 

子供の教育という「自分より後に生まれた人」のために、はたらく

 

親の介護という「自分より前に生まれた人」のために、はたらく

 

つまり「過去と未来と現在」を、ひとりで切り盛りしなければなりません。

 

・・・私はそんなあなたを、応援しています

中高年のがんばるパパ向け転職エージェント

さて、ここからは別件です。

リアルな活動に、目を向けましょう

あなたが転職活動中ならば、その年収条件を満たす会社を探す必要があります。

それにあたっては、下記のエージェントを活用されたら良いと思います。

ヘッドハンター経由で年収2000万を狙える最強3サイト

★現状年収500万以上の方(あくまで自己申告・所得証明の必要なし

★シンプルに年収を上げたい

年収800万-2000万クラスの求人を探したい方

外資系、グローバル、エグゼクティブを希望される方

国内のハイクラス求人ぜんぶ見て、次を決めたい方

★このタイミングで、勝負したい

ヘッドハンター経由で転職したい方、

★忙しくて転職活動ができない

厳選した良い求人にだけ、応募したい方

★今の仕事より刺激的な仕事をさがしている方

ホンネの話】
ハイクラスはキャリア重視で応募できる企業が少ないので、3つとも登録基本です。
逆に言うと、本気でさがすなら、1つに登録だけじゃ、ほんとうにもったいないと思います。

 

 

 

事務系スペシャリストに強い転職エージェント

40代/50歳以上のシニア層

管理部門(人事・経理・財務・総務・法務・一般事務)の経験が豊富な方

★士業(公認会計士・税理士・弁護士)の資格をお持ちの方

★求人対応エリア:全国(東京、神奈川、大阪、愛知、福岡が多い)

上場企業、中小企業、ベンチャー企業まで、幅広い求人をさがしている方

※下記の記事には、MS-Japanとジャスネットキャリアの2社について紹介していますが、
ジャスネットキャリアは「20代-30代を対象とした転職エージェント」ですので、
40代以上の方は、MS-Japanへの登録をおすすめします。

 

 

★MS-Japan 無料登録ページ >>

 

 

日本人の転職の「王道」

日本人の転職なら、この3社からスタートするべきだと思います。

★年齢・性別・職種・エリアに関係なく、幅広く対応しています。

★求人の数も、質も、どれも高レベルだと思います。

★業界のトップ3を外しての転職活動は無いと思います。

 

 

★リクルートエージェントへ無料登録 >>(転職エージェント・主に20-50代・全国対応)
※↑初回登録画面の転職希望時期は「すぐにでも」か「3ヶ月以内」を選ぶことを忘れずに※

 

★doda(デューダ)へ無料登録 >>(転職エージェント&転職サイト・主に20-50代・全国対応)

 

★パソナキャリア へ無料登録>>(転職エージェント&転職サイト・主に20-50代・全国対応)

 

【エンジニアの転職】10年後の未来とAI時代に生き残る

20代~40代で転職希望のエンジニア

★電気・電子・半導体、機械・メカトロの分野

★化学・素材・バイオ、組み込みソフト、ITの分野

「失敗しない転職」を支援するエンジニア転職 業界No.1

★リクナビNEXTが調査・エージェント総合満足度、三年連続No.1

 

 

★メイテックネクスト・ITエンジニアへ無料登録>>

 

★メイテックネクスト・ものづくりエンジニアへ無料登録>>

 

50代・60代必見!「人生最後」の転職活動を!

50代、60代に特化した「エキスパートシニア」向け転職サービス

管理的ポジションを経験された方

経理・財務・人事・総務・法務・経営企画

常勤 / 非常勤監査役 / 社外取締役/CFO / 管理部長/工場長

★正社員、契約社員、顧問契約など、さまざまな雇用形態の求人がある

 

 

★MS-Japan 無料登録ページ >>

 

 

kazoku

さいごに・・・働くパパたちへ

以上、40代以上の中高年が年収条件を下げられない理由でした。

今日は、本当は別な内容の記事を書く予定でしたが、変更しました。

 

兵庫県にお住まいのKさんから、お問合せメールを頂いたので、

それに対する、私なりの応援メッセージという意味もあります。

 

私はこれからも、家族のために、一生懸命に働くパパの転職を支援していきます。

改めて、宜しくお願い致します。

本日も最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

2+
タイトルとURLをコピーしました