★ 未来を変える仕事さがし ★

【50代の転職】中高年が面接の時に絶対に守るべきこと

★中高年・40代・50代・転職の「リアル」
この記事は約8分で読めます。

中高年が面接の時に注意すべきこと

皆さん、こんにちは。

さて、本日のお題です。
面接の際に候補者がアピールする部分、色々ありますよね?

さて、いつものように、ちょっと考えてみましょうか?

中高年のあなたなら、何をアピールしますか?
ちょっと、自分なりに考えてみてください。

*やる気?

*根性?

*努力?

*忍耐?

*粘り強さ?

なんか、どれも同じですね、もうやめます。(笑)

まず最初に一言、付け加えるならば、
これらの「精神論」は、逆効果なので、
面接の場では、余り言わないほうが良いと思います。

「まだまだ若い人には負けません」とかは、本当に最悪です

中でも「まだまだ若い人には負けません」とかは、本当に最悪です。(笑)

きっちりこの言い方じゃなくても、同じようなニュアンスの発言は、すべてNGです。

そういう雰囲気を匂わせた時点で、アウトだと思ってください。

これから同じチームに入ろうとしているのに、
チームの和を乱そうとしている危険な人物」だと誤解されます。

「まだまだ若い人には」という時点で、
「私はピークを過ぎた年寄りなんです」と逆アピールしているようなものです。

面接を受けている時点で、あなたはもう年齢の壁を突破しているのです。

それなのに、自分から年寄りアピールするのは、
まさに自滅への道をまっしぐらと言うことになります。

 

ここは重要なので、50代以上の方は、特に気をつけてください。

もう一度言いますが、若い世代の人と「同じ土俵で張り合う」のは厳禁です。

求人企業は、あなたにその部分をお願いしようとはしていません。

「やる気」とか、「努力」とか、 「御社の発展に貢献したい」とか、
それらは面接を受けに来ている時点で、当たり前のことなので、改めて言う必要は無いと思います。

さて、この「根性論カテゴリー」はもう充分でしょうから、他のカテゴリーで考えると・・・。

あなたがアピールする部分は

まさかの学歴

*いやいや、前の会社の知名度?ブランド力?

*業界知識、実務経験の豊富さ?

*保有資格や語学力?

海外駐在経験の豊富さ

*MBAとかの資格?

*業界人脈の多さ?

*華々しい営業成績?

*新商品開発の時に、テレビでインタビューされた時のエピソード?

*子会社の役員だったこと?

*部下の面倒見のよさ?

まあ、こんな感じでしょうかね?

さて、上記のどれも、大切なアピールポイントですが、

私が一つだけ、申し上げるとするならば、

「未来に対して、どれだけの価値を生み出せるのか?」ということに尽きると思います。

 

これから入社する会社にとって、過去のことは、極論すると、どうでも良い話です。

だって、全て終わったことですよね?(笑)

「未来をどう変えてくれるのか?」

大事なことは、未来です。

面接担当者は、「未来をどう変えてくれるのか?」を知りたいと思っています。

私がちょっと、思いつくままに書きますが・・・

「過去の●●における経験、知識、人脈を活かして、
御社のこの★★事業において、★★な価値を生み出せると思います」

という感じでしょうか?

ただし、あくまでも謙虚に伝えること・・・が前提です。

なぜなら、中高年のあなたが口にされた言葉は、
自分で勝手に想像した「仮説」に過ぎないからです。

 

あなたが過ごされた時代と今とでは、市場も、経済状態も、
テクノロジーの進化も、要するにバックグラウンドがまったく違います

 

実際にその会社に入社してみないと、どれくらい実力を発揮できるかは判りません。

ただ、過去の経験があることは、重要なポイントです。
こればかりは、絶対に若手は勝てません

 

中高年に限らず、企業が中途で人を採用する時は、「再現性」を重視すると言われます。

華々しい過去の業績は「たまたまの偶然」だったのか、
計画的に実行されて、目指すべきゴールに着地したのか?」を面接で詳しく聴かれるはずです。

 

つまり、ここで言う「再現性」とは、
「現在も昔と同じようなパフォーマンスを上げられるのか?」ということです。

職務経歴書に書かれてある実績を「本当に再現できるのか?」という意味です。

繰り返しますが、その応募する会社にとって

「価値を最大化するには?」という客観的な視点が必要だと思います。

 

「これは自分の為にある求人だ」

ここからは具体的な話です。

あなたが応募されようとしている会社があるとします。

「これは自分の為にある求人だ」という会社を見つけたとします。

あなたにとっては、まさに、ラッキー・ダイヤモンドです。(笑)

*その会社のホームページをご覧になりましたか?
*どんな経営理念ですか?
*どんな事業内容ですか?
*社長の経歴は?
*社員数は?
*拠点数はいくつ?
*取引先はどこ?
*業界におけるネームバリューは?
*何の事業で一番、利益を上げていますか?
*会社の強みを一言で言うと?

などなど。

それらを踏まえて、あなたならば、どの分野で、どんな価値を創造できますか?

過去のご経歴と照らし合わせて、ちょっと考えてみて下さい。

考えがまとまったら・・・

それを具体的に、相手が理解しやすいように、面接でアピール出来ますか?

「相手に言う」のは、誰でも出来ます。

 

でも「相手に伝える」のは、とても難しいことです。
(なんかまるで、国語の授業みたいですが)

自分が口にした言葉を、面接官が頭の中でどうイメージし、再構築しているのか?

相手にきちんと伝わっているか?を踏まえながら、堂々と経歴をお伝え下さい。

いす

50代以上の方々へ、私から大事なアドバイス

最後に、このブログを読まれている皆さんへ、
特に50代以上の方々へ、私から大事なアドバイスをします。

面接の際に、絶対に守って頂きたいことがあります。

それは、「面接官から質問されたら、なるべく短く、簡潔に答える」ということです。

面接官から質問されたら、答える目安は10秒程度だと思って、簡潔にまとめて下さい。

 

厳密に10秒ではないので、いちいちストップウオッチで測って、練習する必要はありません。

「いやいや、それじゃ短すぎますよ」と感じられる方も大勢、いらっしゃると思います。

 

それは勿論、私も分かっています。

分かっているからこそ、敢えて、言っています。
とにかく、「なるべく短めに答える」ということを、まずは頭に置いて下さい。

・・・と書きましたが、

もしかしたら、疑り深い方がいらっしゃるかもしれないので、理由を言います。(笑)

短く答える理由。

これはどういうことかと言うと「一般的に、年配者ほど話が長い」からです。

 

ひとごみ

質問に対する答えが長い人の特徴

質問に対する答えが長い人の特徴として・・・

*年齢が50代以上の方。
*昔話をはじめて、3分以上、独演会をやってしまう方。(バブル時代の思い出を語る方)
*離職期間が長期化している方。
*とにかく就職したいです、という悲壮感が、痛々しい方
*採用してもらいたいと、ついアピールが過剰になって、結果的に裏目に出る方
*昔は偉かった方が、いつのまにか昔の自慢話になって、自分だけ気持ちよく話しているケース。
*大企業出身者。(過去の成功事例をたくさん盛り込もうとして、結果的にロングトークになる)

このブログを読まれたあなたにとっては、違和感があるかもしれません。

しかし、「短く答える」という、このルールをぜひ、守ってください。

このブログを読んでいない、他の候補者、つまり、あなたのライバルは、
「面接官の質問に対して丁寧に答えること」が正解だと思っています。

いま、この瞬間も信じています。

それが「面接官に対する誠実さ」や「熱意のアピール」だと「勘違い」しているはずです。

しかし、面接の場においては、彼らの考えは間違っています

彼らは、間違ったまま、面接に臨もうとしています。

丁寧に答える話が長くなっても構わないは、間違いです。

ほぼ100%、あなたが合格します

ちょっと例を挙げると、同じ求人へエントリーされた、複数の候補者がいらっしゃったとします。

あなたと、ほぼ同世代で、似た経歴の対立候補がいるとしましょう。

その場合は、ほぼ100%、あなたが合格します

なぜそんなことが言えるのかって?

私がこれで、毎回、中高年の方を合格させてきたからです。(笑)

ただ、この「短く答えるルール」は、中高年に限らず、若い方にも同じことを言います。

私は今も、年齢や性別に関わらず、候補者を合格へ導いています

一方、面接で受からない人は、このルールを知りません

だから毎回、同じパターンで、不採用になります。

面接で受からない人は、このルールを知りません

彼ら、彼女らは、なぜ落ちるのか、自分で分からないまま、同じ事を繰り返します。

面接Q&Aの本を買って、一生懸命、答えを暗記したり、

自己分析を、もう一度やってみたり、

キャリアの棚卸しを、もう一度やってみたり、

・・・見当違いなことばかりやってしまうわけです。

 

で、本質を理解していないので、次に応募した会社でも、また不採用になります。

で、さらに応募しては落ちて、自信を失っていくという「不幸のスパイラル」に陥ります。

面接官は、理由を絶対に教えません。

みどり

まとめ:あなたの人生が、大きく変わってきます

これを知っているか知らないかで、受かるかどうかが大きく変わります。

つまり、あなたの人生が、大きく変わってきます。

別に資格がどうの、とかではなく、特別に何かやって欲しいとかではありません。

単に「短く答える」というだけの話です。

シンプルですが、絶対に守って頂きたい鉄則です。

本日も最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

0
タイトルとURLをコピーしました