★ 未来を変える仕事さがし ★

仕事の未来

【ひとことコメント】
2025年の未来社会を予測した名著「ワークシフト」を紙しばい形式でまとめました。
PDFをダウンロードして読み進めていけば、未来が見えるはずです。
あなたが今からどんな準備をするべきか、それも分かるはずです。
あと5年ある、たった5年しかない、どう感じるかは、あなた次第です。

by まるきん

★あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」で未来を実現する⑨「消費より経験に価値を置く生き方」

未来の世界で、私たちは自分にとって大切な価値や自己像を追求できる可能性と、そのための選択と行動を行う自由を手にする。そういう時代には、社会や組織からどのような制約を課されているかを認識し、その制約にどう向き合うかを決めるのが自分自身なのだと理解し、同時に、自分の選択と行動がもたらす結果からは逃れられないのだと覚悟する必要がある。
★あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」で未来を形成する⑧「新しい人間関係を築き、孤独を回避する」

テクノロジーの進化とグローバル化の進展により人と人の結びつきが強まる半面、私たちは今以上に時間に追われ、孤独を味わうようになる。昔は人間関係や人的ネットワークが自然に形成されるのに任せておけば十分だったが、今後は、それでは十分でなくなる。未来の世界の多くの側面がそうであるように、意識的・主体的な選択と行動が不可欠になる。
★あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」で未来へ挑戦する⑦「副業という形で新しい分野に乗り出す」

働き方の未来を考えるとき、はっきり認識すべきなのは、これまでのキャリアの常識が通用しなくなるということだ。本書で論じてきた5つの要因により、仕事の世界が大きく様変わりすることを考えると、私たちは働き方を<シフト>させなくてはならない。これまでの固定観念を<シフト>させ、身につける能力を<シフト>させ、行動のパターンを<シフト>させる必要があるのだ。
★あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」で未来を選択する⑥「好きなことを仕事に選び、長く働く」

未来の仕事の世界で成功できるかどうかを左右する要因の一つは、その時代に価値を生み出せる知的資本を築けるかどうかだ。とりわけ、広く浅い知識や技能を蓄えるだけのゼネラリストを脱却し、専門技能の連続習得者への抜本的な<シフト>を遂げる必要がある。多くの分野について少しずつ知っているのではなく、いくつかの分野について、深い知識と高い能力を蓄えなくてはならないのだ。
★あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」で未来を創造する⑤「自分にとって、なにが本当に大切か」

今後、私たちの仕事の世界は劇的に変わるだろう。特に、これまでの男女の役割が大きく様変わりするはずだ。 そうした変化を追い風にするためには、判断力と内省性を身につけることが不可欠だ。自分にとってなにが本当に大切かを理解し、その優先順位に沿った職業生活を送るために必要な選択を行わなくてはならない。
★あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」で未来を認識する④「経済的繁栄から締め出される人」

2025年の世界では、どこで生まれたかではなく、才能とやる気と人脈が経済的運命の決定要因になる。たとえばサハラ砂漠以南のアフリカやインドの貧しい農村に生まれた人でも、聡明で意欲があれば、グローバルな人材市場に加わり、豊かな生活を送れる可能性がある反面、たとえばアメリカや西ヨーロッパに生まれても、聡明な頭脳と強い意欲の欠けている人は下層階級の一員になるのだ。
★あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」で未来を回避する③「孤独にさいなまれる未来」

2025年の世界では、ほかの人と直接対面して接する機会が減る。バーチャルな人間関係が直接の触れ合いと同じくらい、 私たちに元気を与えるようになる可能性があるが、そうはならないだろうと私は思う。ほかの人と触れ合う機会が減れば、気軽な人間関係がもたらす喜びを味わえなくなる。
★あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」で未来を想像する②「いつも時間に追われ続ける未来」

未来の世界で、いつも時間に追われて生きる状態が「気づかないうちに積み重なる事実」になることを避けるには、自分が常に強烈なプレッシャーにさらされているという事実をまず正しく理解しなくてはならない。その上で、その現実に対処するために、<第三のシフト>を実践し、物事を深く考えて、自分の働き方を選ぶことが不可欠だ。
★あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」で未来を予測する①「なにが働き方の未来を変えるのか?」

2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか。「漠然と迎える未来」には、孤独で貧困な人生が待ち受け、 「主体的に築く未来」には、自由で創造的な人生がある。「食えるだけの仕事」から、意味を感じる仕事へ、 忙しいだけの仕事から、価値ある経験としての仕事へ、勝つための仕事から、ともに生きるための仕事へ。 覚悟を持って選べば、未来は変えられる。
\ この記事をシェアする /
タイトルとURLをコピーしました