★ 未来へつながる仕事さがし ★

【コロナ転職】転職するべき人と転職するべきでない人の違い(タイプ別)

① 転職活動をはじめる前に
この記事は約6分で読めます。

本当に転職した方が良いのか?を考える

皆さん、こんにちは。

改めて書きますが、この「転職GOLD」の主人公は私だけではありません。
あなたが「個性を活かせる」仕事、
あなたの「未来へ繋がる」仕事を探すためのサイトです。

なので、主人公はあなたであり、私です。

あなたに対して、転職に関するさまざまな情報を提供することが、
運営者である私がやるべきこと・・・だと思っています。

ただし、絶対に誤解をして頂きたく無いことが一つあります。
それは、言ってしまえば当たり前のことですが、
「とにかく転職すれば良い」と言うことではありません。

あなたの置かれた現状も、あなたが目指すべき未来像も、他の人とは違います。
ですので、転職とは「あくまで選択肢の一つ」として、考えていただきたいのです。

ただ単に、現状から逃避するための「逃げの転職」では意味がありません。
自分と向き合う「攻めの転職」が基本となります。

いや、違いますね、

自分で書いておきながら。(笑)

別に何かを、誰かを、攻撃するための転職ではないので、「攻め」でもないですよね。
ここはシンプルに「自分の未来を創るための転職」で良いと思います。
(細かいようですが、大事な部分なので)

本題です。

なぜ、この時点で、転職するべきかを考えるというテーマにしたかと言うと、
大前提として「なるべく会社は辞めない方が良い」からです。

特に必要が無ければ、今の会社を辞めて、履歴書を汚す必要などありません。
なぜなら、転職するたびに、新しい会社で、新しく仕事のやり方を覚え、
そこでまた、人間関係を構築しなければなりません。

不慣れな中で、ゼロからスタートし、
新しい自分のポジションを「確保」しなければなりません。
これでは、普通に考えて、ストレスが多いと思います。

その環境変化に対応できるような自信がなければ、
同じ会社で働かれる方が、良いと思います。

・・・という思いがあり、
私なりに転職するべきかどうかを考えるチェック項目を挙げてみました。

転職しない方が良いと思う人

※転職しない方が良いと思う人は、下記のような方です。

  • なんだかんだ言って、安定を求めている方 →(現状維持でOKだと思います)
  • なるべく、リスクを取りたくない方 →(現状維持でOK)
  • 変化が嫌いな方、怖い方 →(現状維持)
  • 過去の転職で失敗し、トラウマになっている、不安が拭えない方 →(現状維持)
  • なんとなく「転職したいなぁ」レベルの方 →(とりあえずは現状維持)
  • 今の会社に入って、1年未満の方 → (最低1年は在籍して下さい)
  • 年収を上げるなら、別に何でも良い方 → (自分で何かやられた方が良いと思います)
  • とりあえず、職を探している方 →(すぐにハローワークに行って下さい)
  • 特に不満はないが、妙に焦りを感じている方 →(まずは沢山の人に会って、情報収集を)
  • 退職の3大理由のうち、まだ1つだけで、残り2つに関しては不満がない方 →(現状維持)
    (退職の3大理由が分からない方はこちらをクリック)
  • 履歴書を作ったり、面接を受けたりするのが、面倒だと感じる方 →(現状維持)

私がイメージした、あなたの姿

※次は、私がこのブログを開設するにあたりイメージした「読者像=あなた」です。

※サイト運営者として「こんな人に読んで貰いたい」という「ペルソナ設定」のイメージです。

※男女、年齢、地域を問わず、下記のような方に、
転職に関する情報を提供できれば・・・と考えました。

  • 転職したことがない方、転職回数が「3回以下」の方
  • 自分なりの転職の「軸」や「型」がない方
  • 転職活動を進めるにあたり、まずどこから取り掛かれば良いのか分からない方
  • 地方に住んでいて「転職に関する情報」が少ない方
  • 女性で、雇用形態がパート、アルバイト、派遣社員といった「非正規雇用」の方
  • 現在は専業主婦で、これから「正社員」として働きたいと思っている方
  • 20代で、自分のキャリアや方向性が明確じゃない方
  • 30代で、勝負をしないといけない方
  • 40代で、もう一段、上のステージに行きたい方
  • 50代以上で、割としんどい状況に置かれている方
  • 3年後も5年後も、今とそう大して変わらない生活が待っていると思う方
  • より高いレベルのプロを目指す方

転職活動は、孤独なチャレンジ

 

転職活動とは、「孤独なチャレンジ」です。

あなたがうまく転職先を見つけられても、それは普通のことです。
他人から見たら「良かったね」レベルの話です。
なので、誰からも褒められません。

もし失敗したら、あなたの人生に深刻なダメージを与える「場合」があります。
結婚されている男性とかでしたら、家族の未来にも影響がある「場合」があります。
ということは「本気」で取組んで頂く必要があります。

ちょっと想像して頂きたいのですが、転職活動をするということは、
あなたは日常生活を送りながら、短期間でもう一つ別な仕事をやる感じです。

ただし、仕事の発注者は自分、動くのも自分、目的も自分のため・・・です。

転職活動期間(あくまで目安)

●早い人は、応募から内定まで1ヵ月以内で終了。

●ただし、通常の目安期間としては、やはり3ヶ月程度。

●遅い人だと、半年から1年以上になる方が多いです。

年齢、性別、学歴、地域は関係ありません。
「自分が頑張れば、必ずうまくいく」といった「勝利の方程式」など存在せず、
あなたの活動、プラス、「タイミングと運と縁」によります。

「タイミング」の「た」
「運」の「う」
「ご縁」の「え」

三つの頭文字を取ったら「た」「う」「え」です。
つまり「田植え」です。(笑)
田植えの先に、豊かな実りがあるとイメージできたでしょうか?(笑)

・・・え?

昔の「交通安全スローガン」みたいですか?(笑)

昭和の「環境美化運動ポスター」みたいですか?

ほら、学校の保健室の壁にセロテープで貼ってあったような、ダサいヤツ。(笑)

要するに「三文字にまとめる」という表現が「超・ダサい」ってことですね。

はい、自分でも無理やりこじつけていると思いました。(笑)
昭和レトロ風に、ダサくまとめてみたくなって。

ここまで割とシリアスな感じで話を進めてきたので、
ちょっと雰囲気を緩めたいと思って。(笑)

では・・・小さな笑いを取ったところで、話を戻します。

これがもし、仕事に関する悩みであれば、上司や同僚に相談することも出来ます。
しかし、転職活動はあなた個人のことなので、難しいと思います。

上司には「退職する」という「結果」を報告するだけで、
「転職活動をしている」という「プロセス」を報告することはありません。

「会社には黙って動く」・・・が基本です。

自分で考え、自分で行動し、自分で決めなければなりません。

ネットで他人の転職事例を読み漁っても、あまり意味がありません。
色んな転職サイトのクチコミ評価を見ても、関係ありません。
所詮は気休め程度で、あなたの人生は変わりません。

もう一度、書きますが、大事なことは「行動する」ことです。

それをわかった上で、
自分を信じて動かれるのであれば、
本気で人生の軸を、生活の軸を変えたいのであれば、
転職された方が良いと思います。

なお、転職活動をシンプルにまとめると、単純です。

  • 履歴書を作る
  • 求人を探す
  • 応募する
  • 面接を受ける
  • 合格する
  • 入社する

たった、これだけのことです、普通ですね。(笑)

大事なことは「未来を信じて動く」ということだと思います。

本日も最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2+
タイトルとURLをコピーしました