★ 未来へつながる仕事さがし ★

【自分の強み】⑦向いている仕事さがし=具体的なやり方を解説します

② 自分の強み・向いている仕事を知る
この記事は約7分で読めます。

はい、昨日までの自分の強み探しシリーズ、如何だったでしょうか?

今日は「エピローグ」として、やり方を解説します。

記事を読まれた方はお分かりになったかと思いますが、
私の人物像が、とても立体的に、詳しく書いてあります。(笑)

あれだけ自分をクッキリ見せるには、コツがあります。

■基本的な流れ

まず、本を購入する。

ギャラップ社の専用サイトに行って、そこにアクセスコードを入力。

そのままオンラインで診断を受ける。

診断結果を見て、まずはそこで一喜一憂する。

ここまでは、普通です。(笑)

で、多くの方は「当たってる」「当たっていない」とか、色々、感想があると思います。

でもいまひとつピンと来ない、私のような方もいらっしゃるはずです。

「もっと深く知りたい」というあなたに、そのやり方を教えます。

ストレングスファインダーまとめサイト

SFの使い方や34の強みを詳しく説明!

ストレングスファインダーまとめサイト | SFの使い方や34の強みを詳しく説明!
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!

はい、実はこのサイトが、最強なのです。

ハードカバー本書に解説されていることは、いわば前半部分でしかありません。

後半部分は、あなたがこの日本語のサイトを訪問して、

自分で5つの強みを深く理解することで、完全に納得されるはずです。

ちなみに、私がこのブログで披露した記事は、
このサイトに書いてあったことを基に、自分なりにまとめたものです。

スマートフォンで見たTOPページのレイアウト

■1枚目の写真
上記まとめサイトのリンクをクリックすると、下の画面に飛べます。

■2枚目の写真
その画面の右上に、「MENU」という文字があります。
MENUをクリックすると、34の項目がズラッと並んで表示されます。

■3枚目の写真
ここではその中から「学習欲」を選びました。
学習欲の単体のページです。

 

ここから先は、PCで見た画面をもとに説明しますが、
やり方はスマートフォンでも同じです。

PCで見たTOPページのレイアウト

 

PCで、さきほどと、同じリンク先のアドレスへ飛びます、
すると、ページの上部に、最初から34の項目が表示してあります。
下図の赤い四角で囲った部分です。

で、その中から、あなたは自分の強み5つを探して、そのページを見に行ってください。
私の5つは【①学習欲】【②最上志向 】【③着想】【④戦略性】【⑤収集心】の順でした。
わかりやすく「←」をつけています、この部分です。

で、ここでは参考として「学習欲」を取り上げてみます。
先ほどのTOPページ上部の「←」の中の「学習欲」をクリックします。
すると、学習欲の単体のページに入りました。
レイアウトはこんな感じです。(スマートフォンで見ても同じです)

 

で、その画面を下にスクロールすると、出版元ギャラップ社の動画があります。

学習欲についての専門的な解説です。

ちゃんと日本語字幕がありますので、あなたも私も大丈夫です。(笑)

で、さらに下に行くと、ここからが本番となります。

「学習欲」だけを詳しく解説した記事が一覧で表示してあります。

画面としては、こんな感じです。

で、私が重点的に見たのは、下記の5つの項目でした。

あなたもそれで充分だと思います。

【学習欲】の資質を持つ人に見られる特徴的な才能 | ストレングスファインダー

【学習欲】を強みに持つ人のための行動のアイデア・成功へのアドバイス | ストレングスファインダー

【学習欲】で人を率いる | ストレングスファインダー&リーダーシップ

【学習欲】を強みとする人を率いる | ストレングスファインダー&リーダーシップ

【学習欲】が強みの人の適職は? | ストレングスファインダー

この中に、あなたのためのネタが満載です。(笑)

せっかちな私は、一番下にある「適職は?」から見ました。

折角なので、この記事のタイトルの解説をしておきます。

【学習欲】の資質を持つ人に見られる特徴的な才能

これは言葉の通り、才能の話ですので、特に説明なし。

【学習欲】を強みに持つ人のための行動のアイデア・成功へのアドバイス

これも言葉の通り、あなたがどういう行動を心がけたら、成功に近づけるか?です。

【学習欲】を強みとする人を率いる

この「人を率いる」とは、
「あなたがリーダーになった場合、どうすれば人がついて来るか?」
つまり、リーダーシップを発揮するための効果的なやり方です。
さすが、多民族国家・アメリカっぽいですね。(笑)
ここでは「学習欲」という「強み」を活かして、どう組織を引っ張るか?です。

【学習欲】が強みの人の適職は?

これは、文字通り、適職について書いてあります。
ちなみに、ここに書いてあった適職の例は「技術系エンジニア」でした。
もし私が今、20代で若かったら、この道に進みたかった。(笑)

■適職にはバラつきがある。
「34の強み」には適職がたくさん書いてあるものもありますが、
少ないものもあります。要するに、まちまちです。(笑)
でも、それもまた人間臭くて、私は好きだったりします。(笑)

折角なので、もう一つ、適職を見に行きましょうか。

はい、再び、サイトのトップページに戻りました。
私の5つのうち、上から2番目の「最上志向」のページから「適職」を見てみました。
今回は、ちゃんとハッキリ書いてありました。

最上志向の資質を上位に持つ人の適職の一例として、
*ビジネスリーダー
*コーチ業(アスリートやエグゼクティブに対するコーチ)
*他者の才能をサポートする仕事

はい、これであれば、私としては、まあまあ納得です。
今の転職エージェント(人材紹介コンサルタント)にも共通する部分が多いからです。
無理なく理解できます。

さて、まとめです。

まずはハードカバーを購入されて、診断をやってみて下さい。

で、そこはあくまで前半部分でしかないので、
後半部分はストレングスファインダー.comへ行って、自分で探して下さい。

 

手間だと思っても、たったの5個で終わりです。

そこで自分に生まれつき備わった「5つのキーワード」単体ページを見ること。

その5つの単体ページに書いてある内容で、
「気になる表現とか、この職種はちょっと良いかも?」と思う部分があれば、
そこをコピー&ペーストして別の文書ファイルに保存して下さい。

 

それを5回ほど繰り返すと、かなりクッキリ、
あなたという人間の強みが見えてきます。

あとは、組み合わせです。

自分の生まれつきの才能とはどんなことか?

それを活かせる分野、仕事には、どんなものがあるか?

それを活かせる人間関係や職場は、どんな感じか?

 

その「自分でまとめた文書」を読んでいるうちに、
必ず「向いている分野」「目指すべき方向性」が見えると思います。

仕事面において、あなたが「最大のパフォーマンスを上げられる舞台」です。

 

あとは、転職活動の際に、そこでの仕事は、
「自分の舞台としてふさわしいか?」を判断して下さい。

例えば、ある会社の求人票を見たときに
業務内容、給与、勤務地、だけじゃなく「舞台としてふさわしいか?」です。

 

向いている仕事に就いた方が、活躍できて、遣り甲斐もあり、
結果的に長く続けられる仕事になる・・・という意味です。

 

■私は自分で転職する際に、どの職場でも「研修」を担当していました。

まあ、年齢的にも、部下を指導し、後輩を育成する立場ということもありますが、
それとは別に「単に人に教えるのが好き」だったりします。(笑)

 

ですので、次の会社を選ぶ際に、売上げを上げるメイン業務だけでなく、
それ以外の業務=人を育成する業務があるかどうかを、
会社を選ぶ際の、判断材料の一つとしていました。

 

苦手な事務職ではなく、強みを活かせる職種で勝負してきました。
そこで選択と集中、強みに特化できたことで、メシを食えています。(笑)

アマゾンの書評で低評価をつけている人たちは残念賞

アマゾンのサイトには、このストレングスファインダーの評価があります。

あれで「低評価」をつけている人のコメントを読みました。

どれも「いまいち分からない」という感想でした。(笑)

彼らはハードカバー本だけで完結すると思っている人たちだと感じました。

本当は、本は半分、解説サイトが残りの半分です。(笑)

これを知っているか知らないかで、人生が変わります

私からすると「良いところまで行っているのに、もったいない人」です。

だから「残念賞」です。

あと一歩先に、欲しい情報、真実が待っていたかもしれないのに・・・。

まあ、それも人生かもしれませんが。

さて、今回は「ストレングスファインダー」の使い方について解説しました。

もし、ご興味をお持ちになりましたら、ぜひ!

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」

 

2+
タイトルとURLをコピーしました