★ 仕事の未来を変える ★

仕事の未来

④ 転職エージェントへ登録する

転職エージェントとの面談で、向いている仕事を探す!

最初は自分だけの妄想イメージから、その道のプロの客観的なアドバイスを受けて、より現実的な考えになったあなたが改めて自分の適職は何かを考え、さがすこと。それが転職活動による「気づき」です。この場面で、あなたが優先すべきは「時間の大切さ」です。
2021.04.07
① 転職活動をはじめる前に

【転職プロの手順】初心者も失敗しない仕事のさがし方・2021年版

行きたいと思う会社でなければ、いくら合格しても嬉しくありません。さらに、不合格が続くと、だんだん自信を失って、生きるエネルギーが減ってきます。予防策として、転職エージェントにも登録をおすすめします。1人で同じことを繰り返しても、あまり進歩は無いので、他人の力を借りましょう。
2021.01.02
●サイトの使い方・その他

《おしらせ》 サイトのTOP画面をリニューアルしました。

タイトルにも書いたとおり、サイトのTOP画面をリニューアルしました。 このサイトへ来られたことがある方はご存知だと思いますが、前よりも機能的になったと思います。
2021.02.13
② 自分の強み・向いている仕事を知る

【向いている仕事の探し方】⑥強みを理解した《最終章》

自分に向いている仕事さがしを言い換えると、自分の「居場所」さがしだと思います。 ここで言う、自分の「居場所」とは、自分と世の中との間で「折り合いをつける場所」 のことだと思います。せっかく生きるなら、自分の「納得いく場所」で、「自分に向いている仕事」をやる方が人生は楽しい・・・と私は思います。
2021.03.06
② 自分の強み・向いている仕事を知る

【向いている仕事の探し方】⑤強みを分解した《着想・戦略・収集心》

【着想】を強みとする人は高い「独創的発想力」を持っています。そのような能力が活かせない「ルーチンワークが多い部署」や「既存の手法に固執することをよしとする部署」などに配置してしまうと、その強みをまったく活かすことができません。
2021.03.06
② 自分の強み・向いている仕事を知る

【向いている仕事の探し方】④強みを分解した《学習欲と最上志向》

「学習欲を強みとする人にとっての適職」は、仕事そのものに興味関心が高く、それ自体から情熱を感じられるとともに新たな知識やスキルの獲得が仕事の幅をさらに広げていくような仕事であると考えられます。一例として技術系エンジニアなど、自らの勉強や努力次第で仕事の幅が大きく広がる仕事などが挙げられるでしょう。
2021.03.06
⑩あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」紙芝居⑨自分にふさわしい働き方の未来とは?

仕事に関する古い約束事の核をなすのは、「お金を稼ぐために働く」という考え方だ。しかし未来に向けて、この前提を問い直す必要がある。仕事の目的はお金を稼ぐことだけなのか。私たちにとっての課題は、明確な意図を持って職業生活を送ることだ。
2021.03.07
⑩あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」紙芝居⑧未来に必要な3種類の人的ネットワーク

テクノロジーの進化とグローバル化の進展により人と人の結びつきが強まる半面、私たちは今以上に時間に追われ、孤独を味わうようになる。昔は人間関係や人的ネットワークが自然に形成されていたが、未来の世界では意識的・主体的な行動が不可欠になる。
2021.03.07
⑩あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」紙芝居⑦未来に押しつぶされないキャリアと技能

働き方の未来を考えるとき、はっきり認識すべきなのは、キャリアの常識が通用しなくなるということだ。私たちは働き方をシフトさせなくてはならない。固定観念をシフトさせ、身につける能力をシフトさせ、行動パターンをシフトさせる必要がある。
2021.03.07
⑩あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」紙芝居⑥好きなことを仕事に選び、長く働く

未来の仕事の世界で成功できるかどうかを左右する要因の一つは、その時代に価値を生み出せる知的資本を築けるかどうかだ。広く浅い知識や技能を蓄えるだけのゼネラリストを脱却し、専門技能の連続習得者への抜本的な<シフト>を遂げる必要がある。
2021.03.07
⑩あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」紙芝居③人々の孤独を生み出す大きな要因

かつては会社が親さながらに社員の「面倒を見る」ことが期待されていたが、1980年代と90年代に解雇が盛んに行われて、関係に終止符が打たれた。こうして世界中の働き手たちは、自分のキャリアの針路を決めるのは自分しかいないと気づき始めた。
2021.03.07
⑩あなたの未来 ・ 2025年を生きる

名著「ワークシフト」紙芝居②いつも時間に追われ続ける未来

未来の世界で、いつも時間に追われて生きる状態が「気づかないうちに積み重なる事実」になることを避けるには、自分が常に強烈なプレッシャーにさらされているという事実を理解しなくてはならない。物事を深く考えて、自分の働き方を選ぶことが不可欠だ。
2021.03.07
タイトルとURLをコピーしました