★ 未来を変える仕事さがし ★

2020-05

① 転職活動をはじめる前に

【転職活動】在職中に転職活動をはじめたいけど出来ないあなたへ

在職中に転職活動ができないなら、離職してからガンガンいってください。ただし、その際には、全体スケジュールをイメージして、計画的に動くこと。仕事をしている時と同じように、自分から主体的に行動して下さい。油断すると長引きます。
★私は転職エージェント

【転職エージェント】他人の人生を変えるしごと

シンプルに言うと、私ができるのは、この3点です。 ■転職で悩んでいる人に、考えるための情報を提供する。 ■自分の強みを分かっていない人に、探し方を教える。 ■その人を、受からせる。
★私は転職エージェント

【プロが語る】空白期間はどこまで許されるか?(解決策も考えた)

私が転職エージェントとして、求職者を企業へ推薦するときの目安期間は、だいたい半年です。つまり、企業側も空白期間が半年以内であれば「とくに問題ない」と判断される感じです。逆に、これ以上、長引くようであれば、ちょっとやっかいです。
④ 転職エージェントを選び、登録する

【20代】初めての外資系転職!リスク・メリット・デメリットまとめ

外資系と言っても、アメリカ本社、ヨーロッパ本社など、社風も違います。製造業、金融保険業、サービス業など、業界でも違います。日本法人の決裁権も大きく違います。また、会社は基本的に入ってみないと分かりません。となると、日本のクチコミサイトでは情報が拾えない可能性もあります。
④ 転職エージェントを選び、登録する

【英語で勝負】外資とグローバルに強いおすすめ転職エージェント2社

外資系は、日系企業の終身雇用とはちがい、キャリアアップ転職を前提としているので、かならず「次はどこへいって、何をする?」という次のアクションをイメージしておく必要があります。その職場で得た経験、知識を、次でどう活かすのか?を念頭に置きながら働く必要があります。それを考え、実行できるところが、外資で働くメリットであり、あなたのキャリア形成だと思います。
① 転職活動をはじめる前に

【各記事共通】おすすめエージェント記事を読み解く為の基本知識

このブログでは、あなたの年齢、性別、キャリアに応じて、転職エージェント・転職サイトを紹介していきます。そこには、私なりの考えの軸があります。これから書く基本知識とは、すべてのおすすめ記事に共通する「基礎の部分」なので、先にここで、まとめて発表しておきます。
★仕事について考えてみる

【転職について考える】1990年代の転職活動を思い出してみた

この記事を書いているうちに、なくなったものがあることに気がつきました。なんか、それをここで言うのは、ちょっと悔しいのですが、「明日は今日より良い日になるさ」「今は大変だけど、自分たちには明るい未来が待っている」といった「無根拠の楽観論」です。
① 転職活動をはじめる前に

【プロの手順】《初心者も失敗しない》かしこい転職のやり方・進め方

行きたいと思う会社でなければ、いくら合格しても嬉しくありません。さらに、不合格が続くと、だんだん自信を失って、生きるエネルギーが減ってきます。予防策として、転職エージェントにも登録をおすすめします。1人で同じことを繰り返しても、あまり進歩は無いので、他人の力を借りましょう。
④ 転職エージェントを選び、登録する

【ハイクラス】おすすめ転職エージェントと年収2000万の合格術

正直なところ、ビズリーチ、キャリアカーバー、JACリクルートメントの三つが、日本におけるハイクラスの御三家だと思います。ということは、この三つを探せば、ほぼ、あなたの希望する会社は、どこかにあるはずです。逆に、ここにない求人は、ほぼ、日本に存在しないハイクラス求人だと思います。
④ 転職エージェントを選び、登録する

【30代】ハイクラス転職サイトでスカウトを3倍あつめて年収倍増!

まずあなたがやるべきは、職務経歴書を充実させることです。この転職GOLDでは、職務経歴書の作成方法について、5回に分けて、解説しています。そもそも、あの記事は「ハイクラス向け」を想定して書いているので、参考にして下さい。応募書類の完成度とキーワード攻略で、年収1000万が実現できるようになります。
③ 強い履歴書と職務経歴書をつくる

【転職の法則】履歴書・職務経歴書のフォーマットで合格率を上げる

仕事さがしに関しては、私が関わった方が、あなたの成功に近づくと思います。ただ、恋愛相談とかはダメです。仕事さがしに関してだけは、私はかなり「福の神」になれると思います。すくなくとも、この20年間は、そうでしたから。(笑)
④ 転職エージェントを選び、登録する

【女性向け】年齢だけじゃない・おすすめ転職エージェント&サイト

■このブログの目的は何かというと「未来へつながる仕事さがし」です。一人でも多くの方に、自分のやりたい仕事に就いていただきたいと思っています。もっと、ストレートに言うと、あなたに受かって欲しいのです。そこで、率直なお願いがあります。「かず撃ちゃ当たる応募」じゃなく、「ピンポイント狙い撃ち応募」にして欲しいのです。
タイトルとURLをコピーしました