★ 仕事の未来を変える ★

面接

⑥ 面接を受けて、合格する

【最終面接】一次面接・二次面接との違い・回答例と合格するポイント

二次面接を受けるあなたがやるべきこと:受ける企業のHPをチェックして、もう一度、経営理念、業界知識、業務知識をおさらいして下さい。経営理念は暗記して下さい。そこで求められている人物像をイメージしてから、二次面接に臨んでください。会社が求めている人物像を重ね合わせて、共通点をたくさんイメージして下さい。
2021.05.05
⑦40代・50代・中高年の転職

【50代転職】厳しい現実でも諦めない・不安に打ち勝つための言葉

「今の私が最強です」といい続ける方は、年齢を感じさせず、いつもエネルギッシュで、変化を受け入れ、挑戦し続ける方だと思います。「歳を取る」ということは、「環境の変化に屈して、自分の可能性に見切りをつける」ということじゃ無いと、私は思います。
③ 強い履歴書と職務経歴書をつくる

【受かる履歴書】書き方と書式・上場企業も中小ベンチャーも合格OK

東証1部の上場企業から、中小ベンチャー企業まで、多くの方を合格へ導いてきた縁起の良い書式です。あなたが使用されても問題ないと思います。オリジナルの書式にムダにこだわったり、デザインで個性を出すのではなく、中身で勝負して頂きたいと思います。
2020.12.01
⑥ 面接を受けて、合格する

【転職】ワークライフバランス重視を志望動機にしない方が良い理由

あなたが転職エージェントとお会いになる場合や、求人企業との面接の場では、「ワークライフバランス」という言葉を使わない方が良いと思います。ワークライフバランスとは、会社や経営者という「人を雇う側」が、取組むべき「指標のこと」であって、面接の場で「労働者の権利」という意味で使うと「違和感がある」ということです。
2021.03.03
⑦40代・50代・中高年の転職

【50代転職】面接合格率が上がる最強の返答術(すぐ使える)

40代以上の方々へ、面接の際に、絶対に守って頂きたいことがあります。それは「面接官から質問されたら、なるべく短く、簡潔に答える」ということです。面接官から質問されたら、答える目安は10秒程度だと思って、簡潔にまとめて下さい。
2021.03.02
⑥ 面接を受けて、合格する

【転職成功】面接に一発合格する人たちに共通する考え方と動き方

私が求職者との面談の際に「面接に一発で受かる人って、どんな人ですか?」と聞かれるときがあります。ここで一つ、具体的な例を挙げます、ある求人に対して、応募された方の事例です。
2020.08.18
タイトルとURLをコピーしました