★ 仕事の未来を変える ★
① 転職活動をはじめる前に

【保存版】スタートアップ・ベンチャー企業・中小企業の違いとは?

「ベンチャー企業やスタートアップ企業」という呼び方は、「企業の状態」や「将来のゴール目標」によって分類されます。このため、中小企業でありながら、出口戦略があれば「スタートアップ企業」となりますし、既存市場を主戦場にするのであれば「ベンチャー企業」と呼ばれます。
2021.09.27
⑨40代・50代・中高年の転職

【転職】大企業出身者が中小企業で生き残る為の鉄則7カ条※保存版※

大企業から中小企業へ転職するにはコツがあります。この記事に書かれた「鉄則」をあなたが実行されれば、必ず社長に一目置かれる存在になれます。そうなったら、クビになることはありません。なので、入社から1年間が勝負だと思ってください。
2021.09.21
⑨40代・50代・中高年の転職

【転職失敗】管理職で転職するあなたが入社後に実行すべき鉄則8カ条

中途入社の管理職が「定着する」ためのポイントとは、「人から見た謙虚さ」「前向きな行動力」「空気を読む力」の3つ。入所後のコミュニケーションがうまくいかず、短期で離職すると精神的にもダメージが大きいので、1年間は気を抜かないよう注意して下さい。
2021.08.23
⑦仕事とキャリアを考える

【転職成功】潜在意識を活用して自分の未来を変える方法※すぐ使える

●人間にある2つの意識が現実を創造している。●意識のうち、95%を占める潜在意識は、大きな影響力を持つ。 ●幼少期の経験が潜在意識を形成し、その行動プログラムが人生を決定する。●良い意識をすれば、良いことが現実化し、悪い意識をすれば、悪いことが現実化する。
2021.09.27
⑩あなたの未来 ・ 2025年を生きる

【天職】人は何のために働くのか?(マズローの欲求5段階とコラボ)

大事なことは、自分の天職は何かを早く探すことだと思います。すぐに見つからなくても構いません。もしかしたら、探している途中で、人生が終わるかもしれません。でも、それでも良いと私は思います。なぜなら、探そうとする行為、それこそが、私たちが人間だという証拠だからです。
⑩あなたの未来 ・ 2025年を生きる

【天職】人は何のために働くのか?(マコなり社長と勝手にコラボ)

人が仕事をする目的は大きく3つあります。ジョブとキャリア、コーリングです。端的に一言で、表現します。①ジョブとは、お金のために働くこと②キャリアとは、自己満足のために働くこと③コーリングは、他者満足のために働くことです。(キッパリ)
⑦仕事とキャリアを考える

会社に所属しながら「稼ぐ力」を身につける方法

●いつでも、どこでも、誰とでも働ければ、困らない。 ●会社がなくなっても、食うに困らないスキルを身につけておく。 ●独立・起業ではなく、会社員のまま、手堅く収入を得る手段。
2021.08.21
③ 強い履歴書と職務経歴書をつくる

【合格見本】⑤登録販売者・自己PRと志望動機(20代・未経験者)

単なる憧れだけで応募すると、面接官から甘さを指摘されます。「現実はそうじゃないよ」みたいな説教をされて、あえなく撃沈です。なので、憧れとかじゃなく、「プロとして、自分はどんな価値を提供していくのか?」という他者の存在を意識した発言を心がければ、受かると思います。
2021.06.09
④ 転職エージェント・転職サイトを選ぶ

【20代】ブラック企業なし!第二新卒・フリーター・ニート転職支援

【20代なら全然OK】★18歳-30歳くらいの方で、既卒、ニート、第二新卒、フリーター等から正社員として働きたい方。★ブラック企業は絶対イヤな方★自分のキャリアに自信がない方。※心配する必要はありません。
2021.09.15
⑥ 面接を受ける・合格する

【転職・面接】1分間スピーチ・成功率100%(外国籍もOK)

50代のベテランでも、充分に有効です。年齢・性別に関係なく、誰でも緊張せずに言えるようになります。 とにかく、この冒頭の「厄介な」自己紹介スピーチは、これでサクッと終わらせて下さい。
2021.08.21
⑨40代・50代・中高年の転職

【50代・転職成功】合格者がブログ読者に教えたい必勝パターン

50代が犯しやすいミスには「話が長い」「アピールしすぎる」という点があります。丁寧に伝えることと、話が長いということは違います。短く要約することで、面接官の印象は良くなります。繰り返しになりますが、100%、あなたが合格します。
2021.07.26
⑤ 求人をさがす・応募する

年齢制限を超えている求人への応募は何歳オーバーまで許されるのか?

求人票に年齢条件が書いてあっても、実際は年齢の壁は突破できる場合が多い、それが実態です。上下に5歳程度のオーバーなら、応募は可能だと思います。年齢ではなく採用したい人物像と、どれだけ一致しているか?この「求人企業側の本音」を知ることが重要です。
2021.07.25
タイトルとURLをコピーしました