★ 未来を変える仕事さがし ★

2020-03

③ 強い履歴書と職務経歴書をつくる

【自己PRと志望動機】合格者見本①携帯ショップマネージャー

これが、合格者レベルです。ここまで書き込むと、普通に書類選考は突破します。 自己PRでは、「今まで自分が経験してきたこと=過去」について述べて、 志望動機では、「それを踏まえて自分がやりたいこと=未来」について述べる。 きちんとと「基本の型」を踏襲されている、良い見本だと思います。
③ 強い履歴書と職務経歴書をつくる

【職務経歴書 5/5】自己PRと志望動機の違いを完璧に理解する

私の定義はシンプルなので、分かりやすくご理解いただけると思います。 この「今日を基点として過去と未来に分ける」という、シンプルなやり方を、求職者へお伝えすることで、書類の完成度があがります。私が推薦した候補者の、書類選考の合格率は、8割以上です。あなたもぜひ、完成度の高い応募書類を作成されてください。
③ 強い履歴書と職務経歴書をつくる

【職務経歴書 4/5】「資格」と「活かせる経験」の書き方と注意点

<ちょっとバージョン違い・バックオフィス>【 業務改善 】指示待ちではなく、主体的に考え、計画的に業務を進めるのが得意です。仕事が効率よく回り、間違いが起こらないよう、マニュアル作成や資料作りにも積極的に取組みました。
③ 強い履歴書と職務経歴書をつくる

【職務経歴書 3/5】企業の選考基準を理解し、応募書類を作成する

一度に何十人もの応募書類を見ていると、明らかに違いが有ります。人事の経験がなくても、絶対にその違いに、気がつきます。たとえあなたが新卒1年目でも、良い人の書類はちゃんと分かります。 応募書類を見ただけで「会社が求める人物」かどうか分かります。
③ 強い履歴書と職務経歴書をつくる

【職務経歴書 2/5】重要・職歴の詳細【フォーマットと記入見本】

気がつかれた方も多いと思いますが、この職歴の詳細では、文章ではなく、「箇条書き」が基本となります。つまり、ひたすら事実の羅列です。数値を盛り込み、実績も書き込みます。いつ、誰が、何を、どのように、どうやって、どれくらい、といった感じで、感情は一切抜きにして、事実だけをクールに、淡々と、粛々と書いて下さい。
③ 強い履歴書と職務経歴書をつくる

【職務経歴書 1/5】書き方とフォーマット(面接の自己紹介も大丈夫)

「職歴の要約」として数行、書いた部分にただ「生まれと育ち」を付け足しただけですが、それなりに自己紹介になっていると思います。面接官にも「丸暗記」だとバレません。(笑)特に日本人の場合は、「どこで生まれて、どこで育ったか」を言う文化です。ですので、生まれと育ちを追加するだけで、充分、自己紹介になります。
② 自分の強み・向いている仕事

【自分の強み】⑦向いている仕事さがし=具体的なやり方を解説します

アマゾンのサイトには、このストレングスファインダーの評価があります。あれで「低評価」をつけている人のコメントを読みました。彼らはハードカバー本だけで完結すると思っている人たちだと感じました。本当は、本は半分、解説サイトが残りの半分です。これを知っているか知らないかで、人生が変わります。
② 自分の強み・向いている仕事

【自分の強み】⑥向いている仕事さがし=自分で実験した《最終章》

自分に向いている仕事さがしを言い換えると、自分の「居場所」さがしだと思います。 ここで言う、自分の「居場所」とは、自分と世の中との間で「折り合いをつける場所」 のことだと思います。せっかく生きるなら、自分の「納得いく場所」で、「自分に向いている仕事」をやる方が人生は楽しい・・・と私は思います。
② 自分の強み・向いている仕事

【自分の強み】⑤向いている仕事さがし=自分で実験した《その参》

【着想】を強みとする人は高い「独創的発想力」を持っています。そのような能力が活かせない「ルーチンワークが多い部署」や「既存の手法に固執することをよしとする部署」などに配置してしまうと、 その強みをまったく活かすことができません。可能な限り、「独創的発想力」が評価の対象となる部署に配置してあげるべきです。
⑥ 面接を受けて、合格する

【面接】転職活動における一次面接と二次面接の違いとは?

二次面接を受けるあなたがやるべきこと:受ける企業のHPをチェックして、もう一度、経営理念、業界知識、業務知識をおさらいして下さい。経営理念は暗記して下さい。そこで求められている人物像をイメージしてから、二次面接に臨んでください。会社が求めている人物像を重ね合わせて、共通点をたくさんイメージして下さい。
② 自分の強み・向いている仕事

【自分の強み】④向いている仕事さがし=自分で実験した《その弐》

「学習欲を強みとする人にとっての適職」は、仕事そのものに興味関心が高く、それ自体から情熱を感じられるとともに新たな知識やスキルの獲得が仕事の幅をさらに広げていくような仕事であると考えられます。一例として技術系エンジニアなど、自らの勉強や努力次第で仕事の幅が大きく広がる仕事などが挙げられるでしょう。
② 自分の強み・向いている仕事

【自分の強み】③向いている仕事さがし=自分で実験した《その壱》

「自分の強みを活かした仕事に就く方が良い」といわれますが、実際のところ、「何が自分に向いているのか分からない」という人が多いと思います。このストレングスファインダー診断によって、自分にどんな才能があるのか、「自分はどのような特徴的思考パターンを持っているのか」を把握することによってより「向いている仕事」を見つけやすくなるのではないかと思います。
タイトルとURLをコピーしました