★ 未来へつながる仕事さがし ★

2020-02

① 転職活動をはじめる前に

【コロナ転職】転職するべき人と転職するべきでない人の違い(タイプ別)

転職活動とは、孤独なチャレンジです。あなたがうまく転職先を見つけられても、それは普通です。他人からしたら「良かったね」レベルの話です。なので、誰からも褒められません。逆にもし、失敗したら、場合によっては、致命的なダメージを負います。ということは「本気」で取組んで頂く必要があります。
2020.09.04
⑧転職エージェントな私

【キャリアカウンセリング】仕事ができる人に共通する、口ぐせと行動

仕事の出来る人に共通する部分があるという記事テーマですが、私が面談を行っている際、成功している人に共通して見られる、ある行動特性があります。つまりクセですね。(笑)それは何かというと「言葉」です。
2020.08.23
⑦40代・50代・中高年の転職

【40代転職】業界未経験の人々は転職に成功したのか失敗したのか?

このブログでも紹介したかもしれませんが、業界経験が「絶対に必須」という求人ばかりではありません。これまでも業界経験ゼロの方々が、普通に転職されています。
2020.10.11
⑨仕事とキャリアを考える

【終身雇用】新卒から定年まで働いた人がやったこと、感じたこと

会社に入ったら、それでやりたいことが見つかるのか?それは、分かりません。実際に会社に入ってみないと、自分で探してみないと、見つからないと思います。ただ、誤解されないようにお伝えしておきますが、仮にやりたいことが見つからないからと言って、別に不幸ではないと思います。
2020.08.14
⑨仕事とキャリアを考える

【キャリア探し】自己啓発と自分探しの先に本当の仕事はあるのか?

「自分探し」とは、私には「たまねぎの皮むき」のように見えます。ひたすら、むいてもむいても、結局、終わりが無い、たどり着けないもの、という意味です。それがムダだとは思いませんが、蜃気楼のように、近づけば遠ざかるような世界だと思います。
2020.11.08
② 自分の強み・向いている仕事を知る

【自分の強み】②仕事における自分の強みを《2時間》で知る方法

このストレングスファインダーはとても貴重な本です。自分の「仕事上の強み」を教えてくれる本です。専用サイトにアクセスして、簡単な設問に「はい・いいえ」形式で答えていくと、最後にあなたの強みのうち、上位5つを紹介してくれる非常に便利な本です。
2020.05.18
② 自分の強み・向いている仕事を知る

【自分の強み】①好きな仕事と、向いている仕事は、違う

若い方、特に20代の方へ。私は、若い方が「自分に向いた仕事」を探すためならば、フリーターでもアルバイトでも、何をやっても良いと思います。なぜなら、人生における職業選択の難しさは時代を経るごとに増しているように感じます。それからすると、20代ぐらい、フリーターでも良いと思います。「自分の居場所を探す為の、途中通過点としてのフリーター状態」ならば。
2020.05.18
⑨仕事とキャリアを考える

【転職成功】新しい職場に馴染むためにあなたが心がけるべきこと

「私は、いつでも、どこでも、誰とでも仕事ができる」と言ってみて下さい。この言葉を念頭に置きながら、日々の業務に取り組むと、絶対に意識が違うはずです。いつもとはちょっと違う、不思議なエネルギーが湧いてくると思います。この言葉を口にする目的とは「仕事に対する目線を上げること」です。
2020.11.08
⑧転職エージェントな私

【退職理由】転職エージェントに本音を言うべきか?嘘をつくべきか?

何が良く、何が悪い。何が正しく、何が間違っている、というわけではありません。その人によって、仕事に求めるものが違うので、それをきっちり把握しておくことが転職コンサルタントである私の役目だと思います。私の経験が浅く、転職希望者の「オモテ」の理由しか把握していなかったら、危険です。
2020.08.21
⑥ 面接を受けて、合格する

【面接】「ワークライフバランス」を使いたがる人たち

あなたが転職エージェントとお会いになる場合や、求人企業との面接の場では、「ワークライフバランス」という言葉を使わない方が良いと思います。ワークライフバランスとは、会社や経営者という「人を雇う側」が、取組むべき「指標のこと」であって、面接の場で「労働者の権利」という意味で使うと「違和感がある」ということです。
2020.05.18
⑧転職エージェントな私

【転職失敗】ミスマッチを防ぎたいあなたとエージェントとの面談

「入社後のミスマッチ」とは、要するに、求人企業と求職者の「お互いの勘違い」のことです。それを回避するために、最初に時間をかけてご本人の希望を伺うほうが、結果的には「早道」だと思います。転職エージェントが、ここまで細かくヒアリングすると、求職者側も納得されます。
2020.08.20
⑦40代・50代・中高年の転職

【50代転職】あなたの面接合格率を上げる最強の返答術(プロ標準)

40代以上の方々へ、面接の際に、絶対に守って頂きたいことがあります。それは「面接官から質問されたら、なるべく短く、簡潔に答える」ということです。面接官から質問されたら、答える目安は10秒程度だと思って、簡潔にまとめて下さい。
2020.10.11
タイトルとURLをコピーしました